2016.07.24(日)

ホワイトリスト型サイバー攻撃対策ソフトのパッケージ版を発売(ハミングヘッズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ハミングヘッズ株式会社は2月24日、サイバー攻撃対策ソフト「Defense Platform Home Edition」のパッケージ版を同日より発売したと発表した。参考価格は、1台1年版が2,980円、1台3年版が4,800円(ともに税抜)。同製品はこれまでインターネットのみの販売だったが、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、Amazonにおいても販売する。

同製品は、APIを監視することでプログラムを把握し、問題のないプログラム以外を検知し遮断する「割込み型迎撃方式」を採用するセキュリティ対策ソフト。「H4E(HummingHeads 4 Elements)」機能により危険なモジュールを検出し、問題のある動作が発生した際にはユーザに確認を求める。また、ホワイトリスト型を採用するため、想定外の動作が生じた際に動作そのものを止めることが可能。これにより、ゼロデイ攻撃やOSコマンドインジェクション、バッファオーバーフローの攻撃も防止する。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

    「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  2. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  3. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

    神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  4. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  5. 国家機関発行の身分証明書や運転免許証等の印刷にも対応するプリンタを発売(HID Global)

  6. ソフトウェア・プロテクション・システム「Hasp4」がクロスプラットフォームに対応(アラジンジャパン)

  7. 独自構造のサンドボックスをSaaS型セキュリティサービスに採用(フォーティネットジャパン)

  8. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  9. Facebook上の不審な動作をチェックし保護する無償サービスを開始(キヤノンITS)

  10. 能力のないサーバ管理者 サーバモンキーはネットセキュリティの危険因子

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×