「Apache Tomcat」のアップデートを公開、適用を呼びかけ(JVN)

2016年2月24日(水) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月23日、「Apache Tomcat」に複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。これはThe Apache Software FoundationがApache Tomcat向けのアップデートを公開したことを受けたもの。

影響を受けるのは、「Apache Tomcat 9.0.0.M1から9.0.0.M2まで」「Apache Tomcat 8.0.0.RC1から8.0.31まで」「Apache Tomcat 7.0.0から7.0.67まで」「Apache Tomcat 6.0.0から6.0.44まで」。なお、これら以前のサポート対象外となってるバージョンも本脆弱性の影響を受ける可能性がある。

想定される影響は各脆弱性により異なるが、情報漏えい、任意のコード実行、データ改ざんなどの影響を受ける可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。最新のバージョンは次の通り。「Apache Tomcat 9.0.0.M3」「Apache Tomcat 8.0.32」「Apache Tomcat 7.0.68」「Apache Tomcat 6.0.45」。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

IPAおよびJPCERT/CCは、Script*が提供する文字チャットシステム「Log-Chat」に格納型のクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

icon

IPAおよびJPCERT/CCは、日本マイクロソフトが提供するWebブラウザ「IE」に、クロスドメイン ポリシーを回避される脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

icon

IPAおよびJPCERT/CCは、Android PlatformのURLConnectionクラスに、HTTPヘッダインジェクションの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

icon

IPAおよびJPCERT/CCは、LINEが提供する「LINE」にDoSの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

icon
Swann製のネットワークビデオレコーダに脆弱性、外部から映像の取得も(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Swannが提供するネットワークビデオレコーダ(NVR)に複数の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト