2016.06.30(木)

最新のセキュリティ情報をサイトに表示する「icat」を更新、Flash不要に(IPA)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は2月22日、サイバーセキュリティ注意喚起サービスをアップデートし「icat for JSON」として公開したと発表した。IPAでは2011年11月より、広く普及しているソフトウェアや攻撃が確認された脆弱性の対策情報を、「重要なセキュリティ情報」としてリアルタイムにWebサイト上に表示し確認ができる「icat」を公開・提供してきた。

これまで提供してきた「icat」の利用にはAdobe Flash Playerが必要だったが、より安全な環境で利用可能とするため、今回Adobe Flash Playerの利用を前提としない「icat for JSON」を開発、同日から新たに公開した。本サービスの活用でWebサイトにIPAが公開した最新の「重要なセキュリティ情報」の一覧を自動的に取得・表示できるようになり、Webサイト利用者に向けてセキュリティ対策をリアルタイムに周知することが可能になる。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  2. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

    新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  3. 宅急便やクロネコ等を騙る迷惑メールが多発、ヤマト運輸が注意を呼びかけ(ヤマト運輸)

    宅急便やクロネコ等を騙る迷惑メールが多発、ヤマト運輸が注意を呼びかけ(ヤマト運輸)

  4. 「TECHORUS SECURITY」ブランドでマネージドセキュリティ市場に本格参入(NHN テコラス)

  5. シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

  6. ファイル検査も可能なインターネット分離クラウドサービスを提供開始(セコムトラストシステムズ)

  7. スマートフォンセキュリティ 脅威の増加と利用時の留意事項 他(ダイジェストニュース)

  8. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  9. 不正送金の可能性が高いときのみ認証を求めるトランザクション署名を追加(EMCジャパン)

  10. 手書署名個人認証Cyber-SIGNを中核としたセキュリティ事業会社「日本サイバーサイン株式会社」を設立(日本サイバーサイン)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×