最新のセキュリティ情報をサイトに表示する「icat」を更新、Flash不要に(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.01.18(水)

最新のセキュリティ情報をサイトに表示する「icat」を更新、Flash不要に(IPA)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は2月22日、サイバーセキュリティ注意喚起サービスをアップデートし「icat for JSON」として公開したと発表した。IPAでは2011年11月より、広く普及しているソフトウェアや攻撃が確認された脆弱性の対策情報を、「重要なセキュリティ情報」としてリアルタイムにWebサイト上に表示し確認ができる「icat」を公開・提供してきた。

これまで提供してきた「icat」の利用にはAdobe Flash Playerが必要だったが、より安全な環境で利用可能とするため、今回Adobe Flash Playerの利用を前提としない「icat for JSON」を開発、同日から新たに公開した。本サービスの活用でWebサイトにIPAが公開した最新の「重要なセキュリティ情報」の一覧を自動的に取得・表示できるようになり、Webサイト利用者に向けてセキュリティ対策をリアルタイムに周知することが可能になる。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 各社Webブラウザが「SHA-1」のSSL/TLSサーバ証明書使用サイトに警告表示(フィッシング対策協議会)

    各社Webブラウザが「SHA-1」のSSL/TLSサーバ証明書使用サイトに警告表示(フィッシング対策協議会)

  2. サイバー情報共有の協定を締結、NATOのサイバーセキュリティ体制を強化(ファイア・アイ)

    サイバー情報共有の協定を締結、NATOのサイバーセキュリティ体制を強化(ファイア・アイ)

  3. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  4. ランサムウェア「CryptXXXバージョン3」の復号ツールを無償提供(カスペルスキー)

  5. 国内セキュリティ市場は前年比4.0%増の2,807億円、2020年には3,359億円に(IDC Japan)

  6. トレンドマイクロのセキュリティ技術でネット家電も保護する無線LANルータ(エレコム)

  7. URLフィルタリングAPIをAWS Marketplaceで提供(エフセキュア)

  8. 優先度の高いセキュリティ対策に絞った「セキュリティスターターパック」(オージス総研)

  9. 育成支援も行う4つのメニューで「インシデントレスポンス サービス」提供(EMCジャパン)

  10. 「JP1」や「VMware NSX」対応など「拡散活動検知ソフトウェア」を機能強化(日立)

全カテゴリランキング

特集

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×