2016.09.26(月)

青少年向けのネットマナー啓発の在り方について講演、「スマートフォン セキュリティ シンポジウム」を開催(JSSEC)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

 日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)啓発事業部会は3月12日、「スマートフォン セキュリティ シンポジウム」を開催する。青少年向けのネットマナー啓発の在り方について、講演やパネルディスカッションを行う。

 JSSECの啓発事業部会は、スマートフォンやSNSの利用をきっかけとした、ネットいじめや犯罪被害の抑止に向け、青少年に対するネットマナーや防犯意識の向上に対する啓発の在り方について、さまざまな議論や取組みを行っている。その活動の中で、先生・保護者と青少年との間には、スマートフォン・ネットの知識や意識に対するギャップが存在し、大きなハードルとなっていることが明らかになったという。

 シンポジウムでは千葉大学教育学部の藤川大祐教授による基調講演「子どもたちのスマートフォン利用状況と課題」のほか、大学生によるボランティア学生団体「Re:inc(リンク)」代表の窪田大悟氏による事例講演、都立練馬高校情報科主幹教諭の正木成昭先生による教育現場講演などが行われる。

 「スマートフォン セキュリティ シンポジウム」は3月12日午後1時半~午後5時半まで。TKPガーデンシティPREMIUM神保町で開催される。参加費は無料だが、事前に登録が必要。募集定員は200名となっており、先着順で受け付ける。

◆スマートフォン セキュリティ シンポジウム
日時:3月12日(土)13:30~17:30(受付開始13:00~)
場所:TKPガーデンシティPREMIUM神保町(千代田区神田錦町3-22 テラススクエア3階)
対象:教育関係者・小中高教諭、生徒・学生、保護者、情報セキュリティ企業・団体の関係者
募集定員:200名(事前登録制・先着順)
参加費:無料
申込み:Webサイトの申込みフォームより受付

青少年のスマートフォンセキュリティを考えるシンポジウム3/12

《外岡紘代@リセマム》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. 企業内 CSIRT 構築の勘所、内製? or 外製?…RECRUIT-CSIRTの場合

    企業内 CSIRT 構築の勘所、内製? or 外製?…RECRUIT-CSIRTの場合

  2. 「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」と「SECCON CTF for GIRLS」がコラボ(SECCON2016、JNSA)

    「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」と「SECCON CTF for GIRLS」がコラボ(SECCON2016、JNSA)

  3. 標的型やランサムウェアへの対抗策を最新事例で解説、「Email Security Conference 2016」を開催(ナノオプト・メディア)

    標的型やランサムウェアへの対抗策を最新事例で解説、「Email Security Conference 2016」を開催(ナノオプト・メディア)

  4. PCログオンと複合機の認証を統合、高セキュリティと利便性の両立も可能に(富士通、富士通フロンテック)

  5. 自動化された攻防戦 「CGC」 が 2 億円の賞金以上に与えたインパクト

  6. Black Hat USA 2016 でプレゼンスを発揮した日本人、アーセナルで注目集めたツールたち

  7. 「CODE BLUE 2016」、新たに2つのトレーニングと3つのコンテストを公開(CODE BLUE事務局)

  8. 10回目となる「Trend Micro DIRECTION」を東京、大阪で開催(トレンドマイクロ)

  9. Black Hat USA 2016 , DEFCON 24 を 128 倍楽しむ方法

  10. [インタビュー] 鵜飼裕司 今年の Black Hat USA 2016 注目 Briefings

  11. サイバー攻撃対策に特化した特別併催企画「サイバーセキュリティワールド2016」を新設(東京ビッグサイト)

  12. [レポート] セキュリティに賭するもの ~ インターポール 福森大喜氏 セキュリティ・キャンプ2016 特別講義

  13. 「CODE BLUE 2016」の全講演が決定、全自動サイバー攻防戦CGC優勝者も登壇(CODE BLUE事務局)

  14. 高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

  15. 「e-ネットキャラバン」にフィルタリングを中心とした上位講座を新設(総務省)

  16. [RSA Conference 2016 USA] EDR (Endpoint Detection and Response)とは? ~ タニウム社 チーフセキュリティアーキテクトに聞く

  17. デロイト流「なんちゃってCSIRT」再生3つのアプローチ

  18. 「Email Security Conference2015」を東京、大阪で開催(ナノオプト・メディア)

  19. [Black Hat USA 2014 レポート] 標的型攻撃実証ツールをBlack Hat USA 2014で公開、マクニカネットワークス セキュリティ研究センター 凌研究員

  20. [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★9月30日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★9月30日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×