「IE 9」「IE 10」「IE 11」に情報漏えいの脆弱性、アップデート適用を(JVN)

2016年2月22日(月) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月19日、日本マイクロソフト株式会社が提供するWebブラウザ「Internet Explorer」(IE)に、クロスドメイン ポリシーを回避される脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは4.3。

セキュリティ更新プログラム(3134220)を適用していない「IE 9」「IE 10」「IE 11」には、クロスドメイン ポリシーの適用不備に起因する情報漏えいの脆弱性(CVE-2016-0069)が存在する。この脆弱性が悪用されると、細工されたコンテンツにより、クロスドメイン ポリシーを回避され、ユーザがアクセスしているURLの情報を取得される可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに、アップデートを適用するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
Swann製のネットワークビデオレコーダに脆弱性、外部から映像の取得も(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Swannが提供するネットワークビデオレコーダ(NVR)に複数の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

icon

IPAおよびJPCERT/CCは、Beldenが提供するHirschmannの「Classic Platform」スイッチに、管理者パスワードが漏えいする脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

icon

IPAおよびJPCERT/CCは、サイボウズが提供する「サイボウズ Office」に複数の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

icon
iOSアプリ「Akerun - Smart Lock Robot」にSSLサーバ証明書検証不備の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、フォトシンスが提供するiOSアプリ「Akerun - Smart Lock Robot」にSSLサーバ証明書の検証不備の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

icon
Cisco ASAにバッファオーバーフローの脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Ciscoが提供する次世代ファイアウォール「Adaptive Security Appliance(ASA)」のIKEの処理が原因でバッファオーバーフローの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト