指静脈情報そのものを秘密鍵に、手軽で確実なセキュリティを実現(日立システムズ)

2016年2月20日(土) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

静脈認証をより安全&手軽にしたクラウド型生体認証サービス

PBI技術概略概念図。ログオン時や認証要求時には指静脈認証のみでパスワード入力による認証は行わないため、なりすましや偽造を高度に抑止する(画像はプレスリリースより)の画像
PBI技術概略概念図。ログオン時や認証要求時には指静脈認証のみでパスワード入力による認証は行わないため、なりすましや偽造を高度に抑止する(画像はプレスリリースより)
サービス概要図。パスワードの入力を省くことで、パスワード流出を防げて、偽のWebサイトを使ったサイバー攻撃への対策も施されている(画像はプレスリリースより)の画像
サービス概要図。パスワードの入力を省くことで、パスワード流出を防げて、偽のWebサイトを使ったサイバー攻撃への対策も施されている(画像はプレスリリースより)
 日立システムズは18日、確実な本人認証を可能にするクラウド型の「SHIELD PBI指静脈認証サービス」を販売開始した。電子証明書などを紛失するリスクもなく、なりすましの防止を可能としている。

 クラウドサービスで本人認証を行う場合、認証強度を高めるためには認証機関から公開鍵暗号の証明書を発行するPKI(Public Key Infrastructure)による仕組みが一般的だが、デバイスのコストや運用の手間などで問題があった。生体認証は利便性の面ではそれに変わり得るが、情報漏えい時にはプライバシー侵害や偽造、なりすましといった問題も発生してしまう。

 そうした課題を受け、日立製作所は、PKIと生体認証を組み合わせた認証基盤技術となるPBI(Public Biometrics Infrastructure)を開発。

 今回の「SHIELD PBI指静脈認証サービス」では、PBIを活用し、指静脈情報を一方向性変換してPBI公開鍵を生成して認証サーバーに登録し、認証時には再びセンサーから読み取った指静脈情報から秘密鍵を生成して電子署名データを生成する。

 PKIではICカードなどに電子証明書を鍵情報として格納していたが、PBIでは指静脈情報そのものが秘密鍵となり、公開鍵から指静脈情報を復元することはできないため、手軽で確実なセキュリティを実現している。

 価格は個別見積りで経常費は1IDあたり年額7千円。同社は政府機関や金融機関を始め、高度な認証が要求される様々な分野にむけて、2018年度末までに累計30億円の売上を目指すとしている。
《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

注目ニュース

icon
JCBがカードレス決済システムに手のひら静脈認証技術を採用(富士通、富士通フロンテック)

 富士通と富士通フロンテックは7日、ジェーシービー(JCB)のカードレス決済システムに、富士通の手のひら静脈認証技術が採用されたことを発表した。手のひら静脈情報とカード情報を紐付けた、世界初のシステム...

icon
従来のICカード認証、指静脈認証に加えて指紋認証にも対応、マイナンバー制度を控えセキュリティ強化(シーイーシー)

 シーイーシーはPCセキュリティソフト「SmartSESAME PCログオン」のアカウントログイン時の二要素認証を強化した新サービスを16日から提供開始した。

icon
出退勤管理も可能、複数認証に対応する指静脈認証システムを発売(セコム)

セコムは、新しい指静脈認証システム「セサモIDf」を8月より発売する。

icon
精度と速度を大幅に向上させた新型の指静脈認証端末を開発(日立製作所、日立産業制御ソリューションズ)

 日立製作所と日立産業制御ソリューションズは1日、認証精度と認証速度を大幅に向上させた新型の指静脈認証端末を開発したことを発表した。同端末を組み込んだ入退管理システム「SecuaVeinAttestor」を10月中旬...

icon
USBポートに接続できるポータブルタイプの非接触型手のひら静脈認証センサーを発売(富士通)

 富士通は16日、非接触型手のひら静脈認証装置「PalmSecure-SLセンサー」のラインナップを拡充し、直接USBポートに接続できるポータブルタイプの静脈認証センサーを追加した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト