マイナンバー制度のセキュリティ対策を強化しPCログオン認証の利便性を向上(日立情報通信エンジニアリング)

2016年2月18日(木) 10時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナンバー制度のセキュリティ対策が可能なPCログオン認証

PCログオン認証「SecureAegis」は、個人情報などの重要情報が扱われている端末の認証を非接触ICカードを使って手軽に行えるソリューション(画像は公式Webサイトより)の画像
PCログオン認証「SecureAegis」は、個人情報などの重要情報が扱われている端末の認証を非接触ICカードを使って手軽に行えるソリューション(画像は公式Webサイトより)
今回の機能強化の目玉の1つとなるのが、従来は2つのツールが必要だったアカウントの変更を1つのツールだけでできるようになった管理機能(画像はプレスリリースより)の画像
今回の機能強化の目玉の1つとなるのが、従来は2つのツールが必要だったアカウントの変更を1つのツールだけでできるようになった管理機能(画像はプレスリリースより)
 日立情報通信エンジニアリングは16日、マイナンバー制度のセキュリティ対策を強化したPCログオン認証「SecureAegis(セキュアイージス)」の利便性を向上し、同日から販売を開始した。

 「SecureAegis」はすでに多くの官公庁や企業に導入されているログオン認証サービスで、ICカードとパスワード、生体認証を組み合わせて、PC1台からでも利用することができる。

 社員証などのICカードをそのまま利用でき、マイクロソフトのActive Directoryを利用した社内ネットワークの認証管理を使用できるため、専用サーバーが不要な点なども特徴としている。

 今回強化された点は、4つあり、「管理機能」「操作性向上」「業務アプリ連携」「ログ管理機能」。

 「管理機能」では、アカウントの変更が従来は2つのツールを使う必要があったが、SecureAegis管理ツールのみで変更が可能になった。これにより、ADサーバー管理者の作業負担軽減、部門管理者の作業効率化を実現する。

 続いて「操作性向上」という面では、ICカードをリーダーにタッチするだけで端末のロックを実現。トイレやちょっとした用事で離席する時も、ワンタッチでPCにロックをかけることが可能だ。

 「業務アプリ連携」は、なりすまし防止対策としての意味合いを持ち、業務アプリを使用する際にPCのログオン認証と連携させられるので、離席中に勝手にPC内の業務アプリを使われるといったリスクを抑止することができる。

 そして最後が「ログ管理機能」による証跡トレース。今回提供されるバッチを利用することで、認証ログの集中管理が行える。

 価格はSecureAegis基本パックが12,000円、SecureAegis認証サーバーライセンスが800,000円。SecureAegis管理者キットが80,000円となっている。

 同社はマイナンバー制度対策で認証強化を課題とする官公庁や企業に向けて、年間5万ライセンスの販売を見込んでいる。
《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

注目ニュース

icon
クライアント運用管理ソフト新版、マイナンバーや標的型攻撃の対応を支援(Sky)

Skyは、企業・団体向けのクライアント運用管理ソフトウェアの新バージョン「SKYSEA Client View Ver.11」を開発、販売を開始したと発表した。

icon

ジャパンシステムは内田洋行と共同で、兵庫県姫路市より、マイナンバー制度の本格運用に向けたセキュリティ強化対策として、顔認証セキュリティソリューションを受注したと発表した。

icon
マイナンバー対策にも有効な、重要・機密情報暗号化、漏えい対策(デジタルアーツ、三菱スペース・ソフトウエア、東芝情報システム)

デジタルアーツ、三菱スペース・ソフトウエア、東芝情報システムは、重要・機密情報ファイルを自動で見つけ出して暗号化するソリューション「Secure Protection」を同日より提供開始したと発表した。

icon
マイナンバー対応システムで重視する機能、「セキュリティへの対応力の高さ」が約45%を占める(MM総研)

MM総研は1月21日、企業のマイナンバー制度に対応にしたシステム・サービスの導入実態に関する調査結果を発表した。

icon
マイナンバー漏えいは刑事罰の対象に、対策としての従業員への研修

10月5日、ついにスタートしたマイナンバー制度。同月中旬からは、全国各地でマイナンバー通知カードの配達が開始されるなど、国民の手に渡りはじめている。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト