2016.06.01(水)

日本郵政を騙る不審メールが急増、再度の注意喚起(日本郵政、日本郵便)

脅威 脅威動向

 昨年12月中頃より大発生した、日本郵政を騙る不審メール。「Japan Post」「日本郵政」が差出人のように見せかけたスパムメールだが、今年に入ってもまだまだ猛威を振るっている。

 日本郵政および日本郵便によると、「再び不審メールが届いた」という問い合わせが、2月15日から急増しており、1日に300件を超える問い合わせがあったという。そのため両社は2月16日に再度の注意呼びかけを行った。

 不審メールでは、メールタイトルに「小包の配達」、差出人に「JAPAN POST」「日本郵政」などと記載されているが、両社がこのようなメールを送信することはないという。ZIPファイル、ワード文書ファイルなどが添付されており、これらを開くことで、不正ファイルが動作するとみられる。

 日本郵便では「お客さまサービス相談センター」(電話:0120-23-28-86、携帯電話から:0570-046-666)で問い合わせを受付中。受付時間は平日 午前8時から午後10時まで、土・日・休日 午前9時から午後10時まで。

「日本郵政」を騙る不審メール、再び増加……日本郵政が注意呼びかけ

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

脅威 アクセスランキング

  1. Microsoft Windows の Secondary Logon サービスにおいて要求ハンドルの取り扱い不備により高い権限で任意のコードが実行されてしまう脆弱性

    Microsoft Windows の Secondary Logon サービスにおいて要求ハンドルの取り扱い不備により高い権限で任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  2. バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

    バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  3. 「サイボウズ ガルーン」に複数の脆弱性、アップデートなど対策呼びかけ(JVN)

    「サイボウズ ガルーン」に複数の脆弱性、アップデートなど対策呼びかけ(JVN)

  4. 「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

  5. NEC製の複数のモバイルルータにCSRFの脆弱性(JVN)

  6. Apache Struts 2 において Dynamic Method Invocation 機能の実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  7. Microsoft Windows の Win32k.sys ドライバの実装に起因する整数オーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  8. Web アプリケーションに対するハッシュ衝突攻撃 (Hash Collision Attack)(Scan Tech Report)

  9. 周術期情報管理システムに患者情報の取得や改ざんの脆弱性(JVN)

  10. セキュリティホール情報<2009/05/08>

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×