2016.07.29(金)

プリンタの利用制限や印刷者の把握で情報漏えいを防止(エプソン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 エプソンは、同社製プリンタ用の認証印刷オプション「Epson Print Admin(エプソン プリント アドミン)」を3月上旬から提供することを発表した。

 同オプションを利用することで、不要な印刷の削減や、印刷量やカラーの使用制限を行いコストを削減できる他、プリンタの利用制限や印刷者の把握による情報漏えい対策、利用費用の部門別集計などの機能も備えている。

 主な機能として、プリンタに接続されたカードリーダーに手持ちのICカードをかざさないと印刷できない「目前印刷」機能を始め、個人や部門ごとに不要なコピーや印刷を抑制する「印刷制限」機能、利用者ごとに複合機(コピー/USBメモリー/スキャン/FAXなど)の利用権限を与えられる「機能利用制限」機能、「利用ログの管理」機能など、全6機能。

 「目前印刷」機能なら、プリンタの前にいなければ印刷できないため、印刷物の取り忘れ&取り違いや、取り忘れなどが原因となる情報漏洩を抑制することができる。また「機能利用制限」や「利用ログの管理」機能により、管理者側が従業員の印刷を制限・管理することで情報漏洩への抑止効果が期待される。

 対象機種は同社のスマートチャージA3複合機とPX-M7050FP。利用期間サービスパックの価格は96,000円/1年から432,000円/5年など。また、「スマートチャージ」サービスの利用者なら月額利用料は8,000円/月となっている(いずれも税別)。

情報漏洩リスクを低減……エプソンが認証印刷オプションを提供へ

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

    WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

  2. 次世代FWをバージョンアップ、Azureのクラウド環境の一元管理を可能に(バラクーダネットワークス)

    次世代FWをバージョンアップ、Azureのクラウド環境の一元管理を可能に(バラクーダネットワークス)

  3. IoTに関わる事業者を対象にIoTセキュリティ専門情報サイトを公開(トレンドマイクロ)

    IoTに関わる事業者を対象にIoTセキュリティ専門情報サイトを公開(トレンドマイクロ)

  4. 「CipherCraft/Mail」新バージョン、人間工学に基づき誤送信を防止(NTTソフトウェア)

  5. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  6. メール無害化機能を搭載した「FortiMail」で自治体向けソリューション提供(フォーティネットジャパン)

  7. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  8. 「ポケモンGO」先行配信された海外では詐欺、出会い勧誘例も

  9. マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した本人確認ソリューションを提供開始(NTTデータ)

  10. 八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×