2016.07.30(土)

従業員がクラウドアプリで共有している資料の1割は重要なデータ(ブルーコート)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

ブルーコートシステムズ合同会社(ブルーコート)は2月9日、Elastica Cloud Threat Labsによる調査結果「2H 2015 Shadow Data Report」(シャドーデータレポート:2015 年後期)を発表した。同レポートは、約6,300万のエンタープライズユーザの実際のデータに基づいたもので、従業員のクラウドアプリケーション利用における脅威(シャドーデータ)についてまとめている。

調査結果によると、企業・組織ごとで利用するクラウドアプリケーションの数は774から812に増加し、そこに格納され広く共有している資料の26%は、企業が把握していなかった。また、共有されている資料の1割は、機密性を要するデータやコンプライアンス規制の対象となるデータが含まれていた。その内訳はソースコード(48%)、個人情報(33%)、保護医療情報(14%)、クレジットカード業界データ(5%)などとなっている。

Elasticaでは、機密性を要するクラウドデータの漏えいによって発生する平均的な企業の潜在的な経済的損失は190万ドルに上るとみており、医療機関はさらに大きく1,200万ドル、教育分野も590万ドルと、企業におけるシャドーデータが引き起こす経済的リスクは非常に大きいとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

    Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

  2. Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

    Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

  3. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

    約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  4. 脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

  5. 「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所)

  6. CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

  7. 2014年のサイバー脅威の標的は「個人情報」と「ボーダーレス化」(トレンドマイクロ)

  8. 複数の標的型攻撃の相関分析により、攻撃手口や攻撃者の目的に迫る(IPA)

  9. 「Emdivi」の分析結果の詳細レポートを公開(マクニカネットワークス)

  10. iPhoneで推測されやすい危険なパスコードトップ10、「5683」の意味とは?(ソフォス)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×