2016.09.27(火)

「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開(アドビ)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

米Adobe Systems(アドビ)は2月9日(米国時間)、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB16-04)を公開した。本アップデートに対応する製品は、Windows版およびMacintosh版の「Adobe Flash Player 20.0.0.286およびそれ以前」「同18.0.0.326およびそれ以前」、Linux版の「Adobe Flash Player 11.2.202.559およびそれ以前」、Windows版、Macintosh版、Android版、iOS版の「Air 20.0.0.233およびそれ以前」などとなっている。

このアップデートでは、CVEベースで22件の脆弱性に対応した。これらの脆弱性が悪用されると、システムをクラッシュされたり乗っ取られるなどの影響を受ける可能性がある。なお、アドビでは本アップデートの優先度を3段階で最も高い「1」としてアナウンスしている(Linux版およびAirは「3」)。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. あるランサムウェアの開発者と配布者、半年で約94億円を稼ぎ出す(マカフィー)

    あるランサムウェアの開発者と配布者、半年で約94億円を稼ぎ出す(マカフィー)

  2. 「ウイルスバスター」に、マルウェアの検出を回避される脆弱性(JVN)

    「ウイルスバスター」に、マルウェアの検出を回避される脆弱性(JVN)

  3. Androidアプリ「マネーフォワード」に複数の脆弱性(JVN)

    Androidアプリ「マネーフォワード」に複数の脆弱性(JVN)

  4. 警察庁が上半期レポート、「Apache Struts 2」「PLC」「IP電話」へのアクセス目立つ(警察庁)

  5. 複数回のDDoS攻撃により「オーバーウォッチ」のサーバー接続が不安定に(Blizzard Entertainment)

  6. 「OpenSSL」がアップデートを公開、重要度「高」の脆弱性も(JVN)

  7. 攻撃者はコストをかけてフィッシングの罠、10代でも10万円以上の高額被害(BBソフトサービス)

  8. 「macOS」「Safari」などに複数の脆弱性、アップデートの適用を呼びかけ(JVN)

  9. 「Splunk Enterprise」および「Splunk Light」に複数の脆弱性(JVN)

  10. IoTデバイスの乗っ取りが急増、「root」「admin」の組み合わせは変更を(シマンテック)

  11. 「.js」添付ファイルが急増--警察庁が上半期サイバー脅威情勢まとめ(警察庁)

  12. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  13. 少人数による攻撃でも深刻な影響を与える「Slow HTTP DoS Attack」を把握(警察庁)

  14. ガンホーゲームズを騙るメールに注意、本文に“流失”のミス(フィッシング対策協議会)

  15. Windows OSのパッチ適用がユーザに浸透、それ以外のパッチ未適用率は上昇(フレクセラ)

  16. 「Zend Framework」にSQLインジェクションの脆弱性(JVN)

  17. ハンゲームからの認証メールを騙るフィッシングメールを確認(フィッシング対策協議会)

  18. Microsoft Windows の Secondary Logon サービスにおいて要求ハンドルの取り扱い不備により高い権限で任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  19. Amazonを騙るフィッシングメールを確認、怪しいポイント多く気づきやすいか(フィッシング対策協議会)

  20. CMS「Geeklog IVYWE版」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★10月7日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★10月7日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×