2016.06.25(土)

「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開(アドビ)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

米Adobe Systems(アドビ)は2月9日(米国時間)、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB16-04)を公開した。本アップデートに対応する製品は、Windows版およびMacintosh版の「Adobe Flash Player 20.0.0.286およびそれ以前」「同18.0.0.326およびそれ以前」、Linux版の「Adobe Flash Player 11.2.202.559およびそれ以前」、Windows版、Macintosh版、Android版、iOS版の「Air 20.0.0.233およびそれ以前」などとなっている。

このアップデートでは、CVEベースで22件の脆弱性に対応した。これらの脆弱性が悪用されると、システムをクラッシュされたり乗っ取られるなどの影響を受ける可能性がある。なお、アドビでは本アップデートの優先度を3段階で最も高い「1」としてアナウンスしている(Linux版およびAirは「3」)。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

    OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

  2. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  3. Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

    Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

  4. アーカイブソフト「libarchive」に任意のコードを実行される脆弱性(JVN)

  5. 2013年にサポートが終了している「Apache Struts1」に複数の脆弱性(JVN)

  6. トレンドマイクロ「Deep Discovery Inspector」にコード実行の脆弱性(JVN)

  7. コレガ製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  8. Microsoft Internet Explorer の mshtml.dll に起因する解放済みメモリ使用の脆弱性(Scan Tech Report)

  9. バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  10. MDMツールで使用される「SCEP」の実装に、なりすましが可能な問題(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×