区役所の職員をよそおい防災・防犯アンケートを呼びかける不審な電話を確認(東京都江戸川区)

2016年2月11日(木) 10時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

防犯・防災アンケートを騙る不審電話に注意呼びかけ……江戸川区

不審な電話は江戸川区役所を名乗り信用させてから個人情報を聞き出そうとするという。1月下旬から複数の区民宅にかかってきている(画像は江戸川区公式Webサイトより)の画像
不審な電話は江戸川区役所を名乗り信用させてから個人情報を聞き出そうとするという。1月下旬から複数の区民宅にかかってきている(画像は江戸川区公式Webサイトより)
「188」は「消費者ホットライン」につながる全国共通の電話番号。悪質商法等による被害について相談したい場合はこちらに電話を(画像は江戸川区公式Webサイトより)の画像
「188」は「消費者ホットライン」につながる全国共通の電話番号。悪質商法等による被害について相談したい場合はこちらに電話を(画像は江戸川区公式Webサイトより)
 東京都江戸川区は、区役所の職員をよそおい「防災、防犯のアンケートにご協力を」という不審な電話が区民宅にかかってきていることに対して警戒を呼びかけている。

 江戸川区役所によると、電話の人物は「江戸川区役所で防犯を担当しているタキガワです。防災、防犯についてアンケートにご協力ください。お宅の防犯についてお尋ねします」と言ってきたという。

 電話を受けた区民が「アンケートを本当に区役所がやっているのか、役所に確認してからお答えします」と答えると、相手は電話を切ったとのこと。

 こうした電話が1月下旬から複数の区民宅にかかってきており、家族構成、資産状況、介護保険の利用状況などを聞き出そうとしているという。江戸川区では、ターゲットを選び出すことを目的とした詐欺の前触れの電話であるとして注意を喚起を行っている。

 なお、このような電話がかかってきた場合には、質問に答えず一度電話を切り、消費者ホットライン「いやや」「188」(局番なし)に通報することを江戸川区では推奨。「188」は平日であれば江戸川区消費者センターに、土曜日は東京都消費生活総合センターに、日曜・祝日は国民生活センターにつながる。
《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

注目ニュース

icon
「マイナンバーが漏えいしている」と別のサイトへ誘導する不審なメールを確認(国民生活センター)

 国民生活センターは12日、マイナンバー制度に便乗した不審な電話などに注意するよう、改めて呼びかけた。行政機関の職員や管理会社を名乗ったりする従来の手法に限らず、新たな手法が登場しているとのこと。

icon
不審な電話を自動判別して着信を拒否、振り込め詐欺対策機能を強化したデジタルコードレス電話機を発売(シャープ)

シャープは4日、さまざまな振り込め詐欺対策機能を強化したデジタルコードレス電話機を、13日より発売することを発表した。不審な電話を自動判別して着信を拒否する「迷惑電話フィルタ」サービスに対応している。

icon
FAX受信通知や企業名を騙るメールを複数検知、30件でマルウェアをDL(日本IBM)

日本IBMは、Tokyo SOCにおいてレンタルオフィスのFAX受信通知を装ったり、実在する企業名およびそれに類似した企業名を騙ったりする不審なメールを日本国内の複数の環境で検知したとして、注意を呼びかけている。

icon
マイナンバー制度導入に便乗した詐欺に注意を呼び掛け(国民生活センター)

 国民生活センターは、「マイナンバー制度」導入に便乗した詐欺に用心するよう呼び掛けている。マイナンバーの手続きで、資産や保険の情報を聞く電話や銀行口座を問い合わせる電話などの相談があり、不審な電話...

icon
複合機からの電子メール送信を装った不審メールに注意喚起、不正マクロを含むwordファイルが添付(リコー)

 リコーは8日、同社の複合機からの電子メール送信を装った不審なメールに対し、注意を呼びかけた。またトレンドマイクロが9日、この不審なメールについての分析結果などを公表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト