2016.07.25(月)

はじめてスマホを持った人を対象に「まんが セキュリティ入門」を公開(Google)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 2月が「サイバーセキュリティ月間」となっていることにあわせ、Googleは10日、「まんが セキュリティ入門」を公開した。

 「まんが セキュリティ入門」は、妖精セキュと一緒に、衛くんが異世界旅行をするというストーリー。はじめてスマホを持った人を対象に、「アカウント」「パスワード」「セキュリティ」といった基本事項の概要を自然に学習できる内容だ。ブラウザで読むことができるほか、高画質のPDF版も公開されている。

 あわせてGoogleは同日より、メールの暗号化や認証に関する情報を表示する機能をGmailに導入。暗号化されていないメッセージを受信したり、送信先のメールサービスがTLSによる暗号化をサポートしていない場合に、錠が外れた鍵アイコンが表示されるようになった。また、認証されていないメッセージを受信した場合、通常プロフィール写真やロゴが表示される場所に「?」マークが表示される。

 なおGoogleでは2月9日~11日の期間、同社の「セキュリティ診断」を実施したユーザーに、Google Driveを2GB増量するプレゼントも実施している。

「まんが セキュリティ入門」をグーグルが公開、Google Drive増量も

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

    「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  2. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  3. サンドボックス機能を導入したエンドポイントセキュリティサービス(エフセキュア、ソフトバンク)

    サンドボックス機能を導入したエンドポイントセキュリティサービス(エフセキュア、ソフトバンク)

  4. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  5. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  6. ソフトウェア・プロテクション・システム「Hasp4」がクロスプラットフォームに対応(アラジンジャパン)

  7. 国家機関発行の身分証明書や運転免許証等の印刷にも対応するプリンタを発売(HID Global)

  8. 専任IT管理者がいない中小企業向けに、UTMを中心としたワンストップサービス(リコー)

  9. 独自構造のサンドボックスをSaaS型セキュリティサービスに採用(フォーティネットジャパン)

  10. サイトの閲覧を制限するPS4向けのWebセキュリティサービスを提供開始(トレンドマイクロ)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×