脅威検知機能で協業、製品の組み合わせで既知および未知の攻撃を検知(パロアルト、プルーフポイント)

2016年2月10日(水) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
パロアルトネットワークス株式会社と日本プルーフポイント株式会社は2月9日、脅威検知機能におけるパートナーシップを発表した。この協業により、「Proofpoint Targeted Attack Protection(TAP)」と「Proofpoint SocialPatrol」、そしてパロアルトネットワークスの次世代セキュリティプラットフォームを組み合わせることでセキュリティ機能の保護範囲を広げ、標的型攻撃から顧客を守るとしている。また、セキュリティの知見も提供する。

Proofpoint TAPと、パロアルトネットワークスの脅威インテリジェンスクラウド「WildFire」を組み合せ、両社のクラウドベースのマルウェア解析機能を使うことで、潜在的に悪意ある添付ファイルを検知する。また、Proofpointのメールゲートウェイとパロアルトネットワークスの次世代セキュリティプラットフォームを連携させた自動防御も可能になり、ネットワーク、クラウド、エンドポイントの保護を実現するとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
新たな「BackStab」攻撃の研究結果を公開、日本でも218件の攻撃を確認(パロアルトネットワークス)

パロアルトネットワークスは、被害者のコンピュータに保存されたモバイルデバイスのバックアップファイルから個人情報を盗むために使用される新しい「BackStab」攻撃の詳細を明らかにした。

icon
日本・スウェーデン・スイスに対象を絞った標的型攻撃「Retefe」に関する情報を公開(パロアルトネットワークス)

 パロアルトネットワークスは25日、日本・スウェーデン・スイスの銀行に対する標的型攻撃「Retefe」に関する情報を公開した。

icon
東南アジア各国を狙うサイバースパイ攻撃を確認、国家がバックか(パロアルト)

米Palo Alto Networks社は、東南アジア各国の政府や軍事機関を標的としたとみられる一連の国家的サイバー攻撃に関する調査結果を公開した。

icon

日商エレクトロニクス株式会社(日商エレ)は4月20日、メールのセキュリティ確保と情報漏えい防止に対する統合型メッセージングセキュリティ企業である米Proofpoint社と国内代理店契約を締結し、マスターディスト...

icon

トレンドマイクロ株式会社は4月14日、情報漏洩対策市場に本格参入し、その第一弾製品としてクライアントPCからの機密情報流失を防止する企業向け製品「Trend Micro LeakProof 3.0」を5月30日から出荷開始すると発...

RSS

特集・連載

経済社会アクセスランキング

経済社会ニュースを対象にした、直近24時間のアクセスランキングです

ピックアップフォト