2016.07.24(日)

モバイルデバイス管理ソフトウェアの新版、より安全なアクセスが可能に(ソフォス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ソフォス株式会社は2月9日、モバイルデバイス管理ソフトウェアの新版「Sophos Mobile Control 6」の提供を開始したと発表した。新機能として「Sophos Secure Email」「Corporate Browser」が搭載された。参考価格は、「Standard」が3,720円、「Advanced」が7,440円、サービスとして提供される「Sophos Mobile Control as a Service Standard」が3,600円、「同Advanced」が7,200円(1年間100ユーザで1ユーザあたり)。

Sophos Secure Emailは、メール、カレンダー、連絡先情報などの個人情報管理(PIM)を保護するコンテナ型ソリューション。個人データと企業データを分離することで、ユーザのプライバシー向上とビジネスデータの安全性を両立する。Corporate Browserは業務生産性向上のためのサイトやアプリケーションへの安全なアクセス を容易にするもので、「Sophos Secure Workspace」に搭載される。また、ジェイルブレイクやルート化されたデバイスを検知するほか、マルウェアと不要と思われるアプリケーション(PUA)も検知する。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

    「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  2. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

    神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  3. カメラ前で立ち止まらずに顔認証を実施し不正入場を防止、東京オリンピックでの導入を提案(NEC)

    カメラ前で立ち止まらずに顔認証を実施し不正入場を防止、東京オリンピックでの導入を提案(NEC)

  4. ネットワーク構成図を自動生成、脆弱性による影響範囲なども付加し可視化(富士通システムズ・イースト)

  5. パブリッククラウド上の個人情報保護に特化した「ISO27018」取得コンサル(LRM)

  6. 独自構造のサンドボックスをSaaS型セキュリティサービスに採用(フォーティネットジャパン)

  7. 「安否確認サービス」のスマートフォン向け専用アプリを提供開始(サイボウズスタートアップス)

  8. テーマ・プラグインを含む「WordPress」の脆弱性スキャン、当面は無料で提供(ウォルティ)

  9. 運送事業がテロに利用される恐れ、対策を徹底するよう運送事業者に求める(国土交通省、全日本トラック協会)

  10. IE向けツールバー型ワンタイムパスワード生成ツールとSDKを無償提供(日本ベリサイン)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×