SSL-VPN業界初となる端末登録の完全自動化機能を共同開発(F5、パスロジ)

2016年2月9日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
連携イメージの画像
連携イメージ
F5ネットワークスジャパン合同会社(F5)とパスロジ株式会社は2月8日、F5のリモートアクセスソリューション「F5 BIG-IP Access Policy Manager(BIG-IP APM)」と、パスロジのトークンレス・ワンタイムパスワード「PassLogicエンタープライズ版(PassLogic)」を連携させ、スマートデバイスなどの端末固有情報の登録作業を自動化する機能を共同開発したと発表した。

PassLogic Enterprise版のVersion 2.3.0(2月10日リリース予定)において実装されるAPIと、F5の連携用iRules(BIG-IPのトラフィック処理機能)を組み合わせて利用することにより、トークンレス・ワンタイムパスワードによる個人認証に加え、端末固有情報を活用した端末認証の仕組みを容易に導入できるとしている。端末登録の完全自動化は、SSL-VPN業界初。また、今回実装されるAPIはシングルサインオンも可能となる。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
「必要な要素は揃っている」--F5がITセキュリティ市場に本腰(F5)

F5は、「ADCベンダーであるF5が語るセキュリティ」をテーマにメディアブリーフィングを開催した。

icon
F5とFireEyeがグローバル・パートナーシップを締結(F5、ファイア・アイ)

F5とファイア・アイは、F5 Networks社とFireEye社がグローバル・パートナーシップを締結したと発表した。

icon
BIG-IP製品群のシステムソフトウェアをメジャーアップデート(F5)

F5は、アプリケーション デリバリ コントローラ(ADC)製品であるBIG-IP製品群のシステム ソフトウェアの最新メジャーリリース「BIG-IP 12.0」を発表、国内提供を正式に開始したと発表した。

icon
ソフトウェアトークン方式のワンタイムパスワード認証に対応、最大70%のコスト削減が可能に(パスロジ)

 セキュリティソフトの開発・販売を行うパスロジは15日、認証に使用されるワンタイムパスワードシステム「PassLogicエンタープライズ・エディション」の最新バージョンである「2.0.0」の提供を開始した。

icon
メールで受信したクイズに回答するだけで不正送金を防止(パスロジ)

 パスロジは、メールで受信したクイズに回答するだけで不正送金を防止する「クイズ型取引防護システム・メール版」の提供を開始することを26日に発表した。

icon
不正送金を確実に防止する「取引防護システム」の特許を取得(パスロジ)

 パスロジは28日、不正送金を確実に防止する「取引防護システム」の特許を取得し、提供を開始したことを発表した。今後、金融機関への導入提案を実施していく。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト