「AZSECURITY」に初のクラウド型「FFR yarai」を提供(富士通マーケティング、FFRI)

2016年2月9日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
「AZSECURITY BSTS 標的型攻撃対策 FFR yarai」サービス概要の画像
「AZSECURITY BSTS 標的型攻撃対策 FFR yarai」サービス概要
株式会社富士通マーケティングは2月8日、クラウド型標的型攻撃対策「FUJITSU セキュリティソリューションAZSECURITY BSTS 標的型攻撃対策 FFR yarai」を3月1日より提供開始すると発表した。「AZSECURITY」は、最新のセキュリティ脅威に対する中堅中小企業向けのセキュリティ商品群。同サービスは、株式会社FFRIの標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」をクラウドで提供するもの。FFR yaraiで初の月額制クラウド型サービスとなる。

パターンファイルに依存しない未知のマルウェアに対抗する5つの振る舞い検知エンジンを搭載したFFR yaraiを、富士通マーケティングが導入から運用管理までのマネージドサービスを月額・低価格で提供する、中堅中小に適したサービスとなっている。マネージドサービスのため、導入初期および運用中に発生する誤検知を解消するための例外リスト登録作業や、アラート通報、月次レポート、必要に応じたアラートログの提供など、運用管理業務を支援する。提供価格は、初期設定サービスが100,000円、月額基本利用サービスが1ユーザIDあたり990円。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
マイナンバー取り扱い業務をSaaSで提供、機能は選択が可能(富士通マーケティング)

富士通マーケティングは、「FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバー SaaS」の提供を開始した。

icon
「情報セキュリティ相互外部監査」をサービス化(富士通マーケティング、富士通SSL)

富士通マーケティングと富士通SSLは、東京都西多摩地域の4市(昭島市、福生市、羽村市、あきる野市)において、情報セキュリティ対策の強化・徹底を実現する「情報セキュリティ相互外部監査」の支援を行い、4市と...

icon
パートナー企業4社と「不正送金マルウェア対策イニシアティブ」を発足(シマンテックほか)

シマンテックは、パートナー企業4社(デル、富士ゼロックス、富士通マーケティング、リコージャパン)とともに「不正送金マルウェア対策イニシアティブ」を発足させたと発表した。

icon
FFRIが米Lastline社と連携、多層防御のサイバー攻撃対策などに取り組む(FFRI)

FFRIは、標的型攻撃対策に特化した技術・サービスを提供する米Lastline社と連携を図っていくことについて合意したと発表した。

icon
個人・SOHO向けセキュリティソフトの月額版を発売、ISPへの販路拡大を狙う(FFRI)

FFRIは、個人・SOHO向けセキュリティソフト「FFRI プロアクティブ セキュリティ(製品愛称:Mr.F)」の月額版の販売を開始した。

icon
ネットワーク組み込み機器向けセキュリティ検査ツールに新バージョン(FFRI)

FFRIは、ネットワーク組み込み機器のセキュリティ検査ツールの新バージョン「FFR Raven Version1.5」の出荷を11月13日より開始する。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト