2016.06.01(水)

「Compliance Guardian」にインシデント対応のプロセスを自動化できる新版(AvePoint Japan)

経済社会 新製品・新サービス

AvePoint Japan 株式会社は2月4日、組織の情報資産を情報流出などのリスクから保護し、IT環境全体のコンプライアンスおよび情報セキュリティを強化するソフトウェアの最新版「AvePoint Compliance Guardian サービスパック(SP)4 CU1」の国内提供を同日より開始したと発表した。

同製品は、情報ゲートウェイを対象に、データが作成された瞬間からライフサイクルの終了までの全段階においてリスクを包括的に抑制するソリューションで、「データ ディスカバリー」「データ分類」「データ損失防止 (DLP)」「インシデント管理」の4つの側面を持つ。

新バージョンでは、新たにインシデント管理機能が追加された。その最大の特徴は、セキュリティインシデントの発生時に、リスク要因を含んだコンテンツのオーナー(SharePoint サイトまたはサイト コレクション管理者など)に対し、優先順位付けがされたタスクの一覧を提供して、インシデント管理の責任を配分できること。インシデント発生時から解決までの一連の流れをワークフローで自動実行できるので、インシデント対応に最も適した人材が、リスク管理をより効果的に実行することが可能になる。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

経済社会 アクセスランキング

  1. 星澤氏を迎え新たにラボを設置、コンサルとインテリジェンスを提供(PwC)

    星澤氏を迎え新たにラボを設置、コンサルとインテリジェンスを提供(PwC)

  2. 次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

    次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

  3. 新世代のスパイウェア駆除専用ソフト「スパイゼロ 2006」を発売(インターチャネル)

    新世代のスパイウェア駆除専用ソフト「スパイゼロ 2006」を発売(インターチャネル)

  4. 日本のTMT企業はセキュリティ予算が低い反面、個人情報保護に注力(トーマツ)

  5. Webサイトに埋め込んで表示する脆弱性情報ツール「icat」を公開(IPA)

  6. 高度なセキュリティスペシャリストの育成を目的にアカデミーを開始(シマンテック)

  7. 日立ITユーザ会でセコム情報金庫を紹介(セコムトラストネット)

  8. 小規模オフィス向けのパッケージを販売開始(シマンテック)

  9. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  10. SSLアクセラレータ「BIG-IP」がNTTドコモの「FirstPass」に対応(F5ネットワークスジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×