スマートフォンにセキュリティソフトをインストールしているユーザー、32.7%に留まる(ジャストシステム)

2016年2月5日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホのアップデート、ちゃんと実施しているのは半分以下

スマホのセキュリティ対策状況は? (C)Gettyimagesの画像
スマホのセキュリティ対策状況は? (C)Gettyimages
スマホのセキュリティ対策状況(n=666)の画像
スマホのセキュリティ対策状況(n=666)
情報流出対策状況(n=666)の画像
情報流出対策状況(n=666)
情報流出対策状況・男女別/年齢別の画像
情報流出対策状況・男女別/年齢別
 ジャストシステムは4日、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年1月度)」の結果を発表した。調査期間は1月28日~2月1日で、セルフ型アンケートサービス「Fastask」を利用して、15歳~69歳の男女計1,100名から回答を得た。

 この調査は、インターネットの利用機器、環境、ネット関連サービスの利用や認知の状況について定期的に調査するものだ。

 それによると、プライベートで「スマートフォン」を利用している666人に対し、スマホのセキュリティ対策状況を聞くと、「OSやアプリをアップデートし、常に最新の状態を維持している」が最多だったが、41.7%と半分以下だった。以下「セキュリティソフトをインストールしている」32.7%、「スクリーンロックを設定している(パスワードによる画面ロック)」31.7%が続くが、いずれも低い数字に留まっている。

 同様に、情報流出対策状況について聞くと、「スマートフォンの個人情報が他に流出しているように感じることがある」20.0%、「スマートフォンを他人に見られないために、肌身離さないようにしている」15.8%、「お風呂に入るときでもスマートフォンを持って行くことがある」10.2%などの声が上がった。

 年代別で見ると、他人に見られないための専用アプリを入れているのは20代が多かった。男女別では、男性のほうが、スマホを他人に見られている・個人情報が流出していると感じている割合が高かった。
《冨岡晶@RBB TODAY》

注目ニュース

icon
子どものスマートフォンのフィルタリングの設定、ID・パスワードは保護者が設定・管理するよう呼びかけ(文部科学省)

 文部科学省は1月28日、学校や市区町村の関係機関などに対して「春のあんしんネット・新学期一斉行動」についての協力依頼を呼びかけた。児童生徒が進学などで初めてスマホなどを手にする機会が多いこの時期に、...

icon
子どもの安全なスマートフォン利用推進を目的としたサポートサービスを共同開発(FULLER、KDDI)

 FULLERとKDDIが、子どもの安全なスマートフォン利用推進を目的とした子ども向けスマホサポートサービスを共同開発した。FULLERがベース開発したスマホ利用管理アプリ「スマホスピタル for Family」を、KDDIの子...

icon
ケーブルテレビ会社2局に「スマートフォンセキュリティ」を月定額で提供(ソースネクスト)

 ソースネクストは日本ケーブルテレビ連盟に加盟するケーブルテレビ会社2局に、「スマートフォンセキュリティ」および「子供/青少年安心パック」を、28日から月定額で提供することを発表した。

icon
Nexus 6P向けにAndroidセキュリティパッチレベルを更新(ソフトバンク)

ソフトバンクは6日、同日に発売されたAndroidスマートフォン「Nexus 6P」向けに最新アップデートの提供を開始した。留守番電話機能が利用できない不具合の改善などが行われる。

icon
Nexus 5X向けにセキュリティアップデートの配信を開始(Y!mobile)

 Y!mobileは4日、Android 6.0搭載で10月20日に発売されたばかりのAndroidスマートフォン「Nexus 5X」向けに最新ソフトウェアアップデートの配信を開始した。セキュリティ向上が目的。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト