2016.07.27(水)

提情報漏洩対策ソリューションをクラウドを通じて低コストで運用(ALSI)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は3日、情報漏洩対策ソリューション「InterSafe ILP」を、クラウドサービスを通じて提供開始したことを発表した。

 AXLBIT(アクセルビット)のSaaSプラットフォーム「AXLBOX(アクセルボックス)」において、「InterSafe ILP powered by AXLBOX」として、1IDあたり月額200円から提供を行う。

 「InterSafe ILP」は、デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」、セキュリティUSBメモリ作成ソフト「InterSafe SecureDevice Ultimate」、ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe IRM」、Web型申請・承認ソフト「InterSafe WorkFlow」で構成されており、4つの製品から必要な対策を導入できる。これによりデータ持ち出しの徹底管理、盗難・紛失時の対策、持ち出し申請・承認などの運用管理が行えるとのこと。

 クラウド型で提供するため、低コストで運用できるのが特徴。管理サーバは、アクセルビットのグループ会社であるビットアイルエクイニクス社のサーバ(国内運用)を利用する。

ALSI、情報漏洩対策「InterSafe ILP」を月額200円から提供

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

    八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

  2. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  3. 「DDI」と「秘文」の連携でマルウェア感染拡大を防止(日立ソリューションズ、トレンドマイクロ)

    「DDI」と「秘文」の連携でマルウェア感染拡大を防止(日立ソリューションズ、トレンドマイクロ)

  4. 人工知能を活用したアルゴリズムで未知の脅威の検知・駆除・追跡を実現(MOTEX)

  5. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  6. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  7. Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

  8. アライドテレシスのUTM&VPNルータに、ラックの「脅威情報リスト」を提供(ラック)

  9. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  10. サイバーセキュリティ人材育成のための「富士通スペシャリスト育成研究部門」を設置(九州大学、富士通)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×