電子取引の信頼性を向上する枠組みの実現を目指し協力(JIPDEC、エコマート)

2016年2月3日(水) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)と社団法人エコマートは2月2日、電子取引の信頼性向上で協力することで合意したと発表した。取引にあたって必要な文書(国税関係帳簿書類等:契約書、見積書、発注書、発注請書、納品書、請求書、領収書等)の信頼性を強化するため、インフラの共通化の検討などを両団体で進めていく。また、両団体の趣旨に賛同する団体や企業にも普及活動への参加を呼びかけていく。

エコマートが推進する「電子請求書プラットフォーム」は、企業間でやり取りする請求書を電子化することでペーパーレス化を実現し、業務効率向上、コスト削減、エコロジーの推進など大きなメリットがある。また、JIPDECが提供するJCAN証明書でデジタル署名を付すことで改ざんを防止し、JIPDECのサイバー法人台帳「ROBINS」を参照できる仕組みにより、文書の発行者を確認できる環境を整え、電子取引の信頼性をより向上する枠組みを作ることを目指して協力していくとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
マイナンバー「すぐに対応しないと」と危機感を持つ経営層は2割にとどまる(JIPDEC)

JIPDECは、マイナンバー対応状況についてのアンケート結果を発表した。

icon
マイナンバー対応へアクションを起こしている企業は3割、規模や地域で差も(JIPDEC)

JIPDECは、マイナンバー対応状況についてのアンケート結果を発表した。

icon
約7割が個人情報関連のトラブルを経験、しかし半数が「特に何もせず」(JIPDEC)

JIPDECは、「個人情報に関する意識調査」の結果を発表した。

icon
「認証局自身の電子証明書」に脆弱性による危険のないことを確認(JIPDEC、NICT)

JIPDECと NICTは、NICTが開発した検証ツールを用いて、電子署名・認証制度に基づく認定認証業務において重要な役割を果たしている「認証局自身の電子証明書」について、脆弱性による危険がないことを確認したと発...

icon
「なりすましメール防止安心マーク」の銀行への導入開始(JIPDEC、ヤフー他)

 インフォマニア、シナジーマーケティング、トライコーン、ニフティ、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)、パイプドビッツ、ヤフーは11日、「なりすましメール防止安心マーク」の銀行への導入開始を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト