2016.06.01(水)

「おとり環境」と「撒き餌」で攻撃者を誘導、イタチごっこに終止符を打つ(マクニカネットワークス)

経済社会 新製品・新サービス

マクニカネットワークス株式会社は2月2日、米Attivo Network社と販売代理店契約を締結したと発表した。Attivoは、「Deception(騙す)テクノロジー」を利用して、標的型サイバー攻撃から企業を守る全く新しいソリューション。同技術は、実環境の中に“おとり環境”を用意し、攻撃者を誘導することで攻撃者の円滑な目的達成を妨害し、機密情報の窃取といった目的達成まで時間を稼ぐ。

また、攻撃手段を検知、遮断するだけでは知ることができなかった、攻撃者の戦術や技術、攻撃手法(TTP)、そして攻撃の目的を特定することが可能となる。つまり、得られた情報から「攻撃者とのイタチごっこ」に終止符を打つ、極めて戦略的な対策を検討し、実現できるという。おとり環境である「BOTsink」は、アプライアンスもしくはバーチャルアプライアンスで提供される。また、撒き餌となる「IRES」は、おとり環境の認証情報を実際のユーザクライアントにインストールし、攻撃者をおとり環境であるBOTsinkに誘導する。誘導に成功するとアラートで管理者に知らせ、攻撃者を泳がせることが可能になる。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

経済社会 アクセスランキング

  1. 次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

    次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

  2. キヤノン電子「SML」とFortinet製品の連携で、標的型攻撃とマイナンバー対策(図研ネットウエイブ)

    キヤノン電子「SML」とFortinet製品の連携で、標的型攻撃とマイナンバー対策(図研ネットウエイブ)

  3. 預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

    預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

  4. コクヨの「FILSAFER CD-R」にセキュリティ技術を提供(イーディーコントライブ)

  5. セキュリティエンジン内蔵のコミュニケーション・プロセッサを発表(米IDT)

  6. サイバー防犯ボランティア活動を宮城県警察の委嘱として実施(キューアンドエー)

  7. リセラー商品のクラウド型サービスがモバイル端末に対応、乗換割引も(エフセキュア)

  8. 葛飾新宿郵便局、簡易保険契約者の個人情報を記録したUSBメモリを紛失

  9. 「ケータイの個体識別番号とSIMカード製造番号を表示するサイト」を公開 他(ダイジェストニュース)

  10. アカウントの統合管理を実現する「GreenOffice Directory」を発売(京セラコミュニケーションシステム)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×