2016.06.25(土)

「おとり環境」と「撒き餌」で攻撃者を誘導、イタチごっこに終止符を打つ(マクニカネットワークス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マクニカネットワークス株式会社は2月2日、米Attivo Network社と販売代理店契約を締結したと発表した。Attivoは、「Deception(騙す)テクノロジー」を利用して、標的型サイバー攻撃から企業を守る全く新しいソリューション。同技術は、実環境の中に“おとり環境”を用意し、攻撃者を誘導することで攻撃者の円滑な目的達成を妨害し、機密情報の窃取といった目的達成まで時間を稼ぐ。

また、攻撃手段を検知、遮断するだけでは知ることができなかった、攻撃者の戦術や技術、攻撃手法(TTP)、そして攻撃の目的を特定することが可能となる。つまり、得られた情報から「攻撃者とのイタチごっこ」に終止符を打つ、極めて戦略的な対策を検討し、実現できるという。おとり環境である「BOTsink」は、アプライアンスもしくはバーチャルアプライアンスで提供される。また、撒き餌となる「IRES」は、おとり環境の認証情報を実際のユーザクライアントにインストールし、攻撃者をおとり環境であるBOTsinkに誘導する。誘導に成功するとアラートで管理者に知らせ、攻撃者を泳がせることが可能になる。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

    IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

  2. AWS 向け SaaS 型セキュリティサービス Alert Logic 概要と提供価格

    AWS 向け SaaS 型セキュリティサービス Alert Logic 概要と提供価格

  3. 企業向けセキュリティ製品のランサムウェア対策機能を強化(トレンドマイクロ)

    企業向けセキュリティ製品のランサムウェア対策機能を強化(トレンドマイクロ)

  4. 企業向けモバイルセキュリティソリューションにネットワークチェック機能(Lookout)

  5. 「脆弱性診断士スキルマップ」を作成、魅力ある職業の認知を目指す(OWASP Japan、JNSA)

  6. 「ASTRUX文書管理システム」のセキュリティ機能強化版を発売(富士ゼロックスオフィスサプライ)

  7. 企業のサイバーセキュリティ対策を支援する包括的な「サイバー保険」を開始(損保ジャパン日本興亜)

  8. Office 365に複数のメールセキュリティ機能を付加、キャンペーンも実施(IIJ)

  9. サイバー攻撃を受けた企業に対応費用などを補償するサイバー保険の取扱開始(ラック)

  10. 複数ベンダのICMPにPath MTU Discoveryによる接続速度でDoS状態が発生する脆弱性が見つかる

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×