インターネット接続サービス利用者に無料で不正通信ブロックサービスを提供(NTT.Com)

2016年2月2日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
サービスイメージ図の画像
サービスイメージ図
対象となる主なサービスの画像
対象となる主なサービス
NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT.Com)は2月1日、インターネット接続サービス「OCN」の利用者などを対象に、「マルウェア不正通信ブロックサービス」を同日より無料で提供開始したと発表した。同サービスは、マルウェアが外部のC&Cサーバと通信を行おうとした際に、通信の内容(宛先情報)からそれを検知し、アクセスを遮断することでユーザの被害を防ぐというもの。

申し込みや設定は不要で、利用料金は無料。同サービスによってマルウェア感染が検知されたユーザに対しては、同社から通知が行われる。なお、検知や社団のために参照する情報は業界団体のガイドラインに準じており、通信の宛先情報のみとなる。同サービスのように、通信の宛先情報に基づいて不正な通信をブロックするサービスを提供することは、国内のISP事業者として初めての試みとなる。なお、対象サービスには法人向けのサービスも含まれる。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
「WideAngle」のSIEMを機能強化、脅威レベルの自動判定を可能に(NTT.Com)

NTT.Comは、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のマネージドセキュリティサービス運用基盤において、企業ICT環境へのサイバー攻撃に対する人工知能の検知・分析力を大幅に強化すると発表した。

icon
マネージドサービスの即時通信遮断機能が「i-FILTER」に対応(NTT.Com)

NTT.Comは、「WideAngleマネージドセキュリティサービス リアルタイムマルウェア検知(RTMD)」のメニューを拡充したと発表した。

icon
2015年の「CYDER」を開始、6回以上を実施予定(NTT.Comほか)

NTT Com、日立製作所およびNECは、総務省から受託した「サイバー攻撃複合防御モデル・実践演習の実証実験」の一環として、今年度第1回目の「実践的サイバー防御演習(CYDER)」を開始した。

icon
マネージドセキュリティサービスの運用基盤に人工知能、検知・分析を強化(NTT.Com)

NTT.Comは、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のマネージドセキュリティサービスの運用基盤において、人工知能によりサイバー攻撃に対する検知・分析力を大幅に強化する。

icon
「WideAngle」における未知のマルウェア対策を大幅に強化(NTT.Com)

NTT.Comは、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」において、プロフェッショナルサービス「コンサルティング」および「レスキューサービス」における未知のマルウェアへの対策を大幅に強化したと発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト