2016.07.27(水)

インターネット接続サービス利用者に無料で不正通信ブロックサービスを提供(NTT.Com)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT.Com)は2月1日、インターネット接続サービス「OCN」の利用者などを対象に、「マルウェア不正通信ブロックサービス」を同日より無料で提供開始したと発表した。同サービスは、マルウェアが外部のC&Cサーバと通信を行おうとした際に、通信の内容(宛先情報)からそれを検知し、アクセスを遮断することでユーザの被害を防ぐというもの。

申し込みや設定は不要で、利用料金は無料。同サービスによってマルウェア感染が検知されたユーザに対しては、同社から通知が行われる。なお、検知や社団のために参照する情報は業界団体のガイドラインに準じており、通信の宛先情報のみとなる。同サービスのように、通信の宛先情報に基づいて不正な通信をブロックするサービスを提供することは、国内のISP事業者として初めての試みとなる。なお、対象サービスには法人向けのサービスも含まれる。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

    八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

  2. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  3. 人工知能を活用したアルゴリズムで未知の脅威の検知・駆除・追跡を実現(MOTEX)

    人工知能を活用したアルゴリズムで未知の脅威の検知・駆除・追跡を実現(MOTEX)

  4. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  5. 「DDI」と「秘文」の連携でマルウェア感染拡大を防止(日立ソリューションズ、トレンドマイクロ)

  6. アライドテレシスのUTM&VPNルータに、ラックの「脅威情報リスト」を提供(ラック)

  7. Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

  8. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  9. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  10. サイバーセキュリティ人材育成のための「富士通スペシャリスト育成研究部門」を設置(九州大学、富士通)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×