2016.07.28(木)

SIEMとの連携やエンドポイント監視によりインシデント対応を効率化(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マカフィー株式会社は1月28日、企業エンドポイント向けの包括的な脅威検出・対応ソリューション「McAfee Active Response」を同日より日本で提供を開始したと発表した。国内のインテル セキュリティの販売代理店を通じて提供する。同社マーケティング本部のシニアプロダクトマーケティングスペシャリストである中村穣氏は、企業がセキュリティ対策において克服すべき課題として、「脅威の巧妙化」「対応時間が被害に大きく影響」「経験豊かな人材確保が困難」を挙げ、多くの脅威に迅速に限られたリソースで対応しなければならない現状を示した。

また、同社が提唱する「脅威対策のライフサイクル」に現状を合わせて説明した。「防御」では攻撃者は分単位で容易に侵入するが、その「検知」には分散している情報から収集し分析・調査が必要なため数カ月かかり、「復旧」には情報不足の中で多くの手動操作が必要なことから数週間かかっていると指摘した。しかし、攻撃に対して高い障壁を構築することで脅威の展開時間を数カ月に延ばし、効率のいい的確な検知を行うことで検知までの時間を数時間に短縮、これにより復旧時間も数分にできるとした。

米インテルセキュリティのアドバンスドスレットディフェンステクニカルディレクターであるスコット・タシュラー氏は、インシデントレスポンスの課題として「時間」と「知識」を挙げた。しかし、今回提供を開始した「McAfee Active Response」によって、「リアルタイムの確認」「即時対応」「使いやすい検索」「カスタマイズ可能なコンポーネント」「McAfee製品との統合」といった価値が得られるとした。

「McAfee Active Response」はソフトウェアとして提供される製品で、エンドポイントにエージェントを入れることでシステム情報を取得するとともに、常に監視や検出を行う。また、SIEMと連携することでSIEMの持つ情報を可視化することも可能。最大の特長はカスタマイズ性の高さで、自然文での検索により過去を含めてインシデントの原因を調査することができる。また、自動化、適応性、継続性によって、インシデントが発生した際にも、従来は24時間かかっていた適用完了までの時間を7分弱にまで短縮できるとした。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. IoTに関わる事業者を対象にIoTセキュリティ専門情報サイトを公開(トレンドマイクロ)

    IoTに関わる事業者を対象にIoTセキュリティ専門情報サイトを公開(トレンドマイクロ)

  2. メール無害化機能を搭載した「FortiMail」で自治体向けソリューション提供(フォーティネットジャパン)

    メール無害化機能を搭載した「FortiMail」で自治体向けソリューション提供(フォーティネットジャパン)

  3. 「CipherCraft/Mail」新バージョン、人間工学に基づき誤送信を防止(NTTソフトウェア)

    「CipherCraft/Mail」新バージョン、人間工学に基づき誤送信を防止(NTTソフトウェア)

  4. 「ポケモンGO」先行配信された海外では詐欺、出会い勧誘例も

  5. 八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

  6. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  7. 鉄道施設内に「ポケモンGO」キャラクターが出現しないよう要請書を提出(鉄道事業者23社、一般社団法人社日本地下鉄協会)

  8. 「DDI」と「秘文」の連携でマルウェア感染拡大を防止(日立ソリューションズ、トレンドマイクロ)

  9. 立ち入り禁止区域に踏み込む危険性も、「ポケモンGOに関する注意喚起」を発表(総務省、消費者庁)

  10. 人工知能を活用したアルゴリズムで未知の脅威の検知・駆除・追跡を実現(MOTEX)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×