サイバーセキュリティ月間を受け、マクロ型不正プログラムに注意喚起(トレンドマイクロ)

2016年2月1日(月) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年~2015年におけるマクロ型不正プログラムの検出数(世界)の画像
2012年~2015年におけるマクロ型不正プログラムの検出数(世界)
日本における第4四半期のマクロ型不正プログラム検出数が急増の画像
日本における第4四半期のマクロ型不正プログラム検出数が急増
検出されているマクロ型不正プログラムの8割弱は常に法人を標的にしたものの画像
検出されているマクロ型不正プログラムの8割弱は常に法人を標的にしたもの
実際の不正メール :サンプル(2015年10/27:請求書偽装)の画像
実際の不正メール :サンプル(2015年10/27:請求書偽装)
実際の不正メール:サンプル (2015年10/8:注文確認偽装)の画像
実際の不正メール:サンプル (2015年10/8:注文確認偽装)
不正なマクロが組み込まれた添付ファイルのイメージの画像
不正なマクロが組み込まれた添付ファイルのイメージ
トレンドマイクロ株式会社は1月29日、サイバーセキュリティ月間が2月1日から始まることを受け、企業に対してメール添付のマクロ型不正プログラムの脅威が急増していると注意喚起している。マクロ型不正プログラムとは、「Microsoft Office」マクロ(VBScript)で作成した感染型不正プログラムのこと。1990年代半ばから後半にかけて「XM_LAROUX」や「W97M_MELISSA」などが流行したが、マクロ機能がデフォルトで実行不可となったことから使われなくなっていた。

しかし、2014年11月頃から再び登場し、2015年は検出数が前年比5倍に急増している。同社では、過去の流行とマクロ無効化設定の背景を知らない利用者を騙して、攻撃の成功率を高める手法として活用されているとみている。特に日本では2015年第4四半期に検出数が急増、世界でも4位となり、その割合も増加している。また世界的に、検出されたマクロ型不正プログラムの8割弱が法人を標的としている。同社では法人従業員に対し、「メールに添付されたファイルは安易に開かない」「不用意にマクロを実行化しない」「更新プログラムを速やかに適用する」といった対策を呼びかけている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
「auスマートパス」にパスワード管理アプリを提供(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、KDDIが提供する「auスマートパス」において、トレンドマイクロのパスワード管理アプリ「パスワードマネージャー for au」を提供開始した。

icon
機械学習IT運用分析ソフトをトレンドマイクロが採用(サイオス、トレンドマイクロ)

サイオスと米国サイオスは、機械学習技術を導入したIT運用分析ソフトウェア「SIOS iQ」が、VMWare環境の分析用としてトレンドマイクロに採用されたと発表した。

icon
「マイナンバーのセキュリティに不安」9割以上に--ユーザアンケート調査(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「個人に関する情報のセキュリティ意識調査」の結果を発表した。

icon
「vvvウイルス」の国内での攻撃が急増、スパムメールにより拡散の動きが活発化(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロは11日、ランサムウェア「CrypTesla」(通称「vvvウイルス」)について、国内での攻撃が急増している現状を公表した。スパムメールにより「CrypTesla」を拡散させようとする動きが、活発化して...

icon
ネット恐喝、狙われるモバイル決済など、2016年の脅威動向を予測(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、2016年の国内外における脅威動向を予測したレポート「2016年セキュリティ脅威予測」を公開した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト