2016.07.01(金)

「CEC SOC」を開設、標的型攻撃対策を総合的に支援(シーイーシー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社シーイーシーは1月28日、標的型サイバー攻撃のセキュリティ監視センター「CEC SOC」を開設し、2月1日よりサービスを提供開始すると発表した。24時間365日体制でユーザのシステムを監視し、不足するセキュリティ専門人材の支援とともに、これまで検知が難しかった標的型サイバー攻撃の不正侵入検知と早期対処を実現するとしている。今回提供するサービスは、セキュリティ診断から構築・運用支援、標的型サイバー攻撃対策訓練までを総合的に支援するもの。

また、トレンドマイクロ株式会社との連携により、最新の標的型サイバー攻撃情報をCEC SOCが統合的に集め、「24時間365日の監視体制でサーバ、ネットワーク機器からのログをSIEMなどで収集しながら不正侵入や不正なアクセス、ふるまいをリアルタイムに検知」し、「トレンドマイクロの『Deep Discovery Inspector(DDI)』で多種多様な攻撃パターンの相関分析」を行い、「攻撃種別に応じた柔軟な対策によって、ユーザのセキュリティリスクを侵入前後すべてのステージで防ぐ」という。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  2. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

    新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  3. IoTシステムの安全・安心な運用に向けて協業(ウェブルート、アドソル日進)

    IoTシステムの安全・安心な運用に向けて協業(ウェブルート、アドソル日進)

  4. マルウェア対策も強化されたWindows 10向け大型アップデートを8月2日より提供開始(米マイクロソフト)

  5. シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

  6. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

  7. 迫る期日と進まない移行……SHA-1の脆弱性放置の危険性

  8. セキュリティテストの普及推進を目的に、FFRIとSHIFTが業務提携(FFRI、SHIFT)

  9. 国内の脆弱性診断市場は前年比19.6%増、今後もWeb関連を中心に伸長を予測(ITR)

  10. 国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」を2016年4月より実施(IPA)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×