決済データのセキュリティで独自調査、投資、対策、手順ともに不足(ジェムアルト)

2016年1月29日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
決済データのセキュリティで独自調査、投資、対策、手順ともに不足(ジェムアルト)の画像
決済データのセキュリティで独自調査、投資、対策、手順ともに不足(ジェムアルト)
ジェムアルト株式会社は1月28日、決済データのセキュリティに関する独自調査の結果を発表した。同調査は、日本、米国、英国、ドイツ、フランス、ベルギー、オランダ、インド、ロシア、中東、南アフリカのITおよびITセキュリティ専門家を対象に実施したもので、3,773人から回答を得た。調査結果によると、調査対象者の半数以上(54%)が決済データに関するセキュリティ侵害もしくはデータ漏えいを経験しており、その回数を平均すると過去2年間に4回であったという。

また、決済データのセキュリティ対策が一元化されておらず、責任の所在は最高情報責任者(CIO)にあるとの回答が28%、事業部門が26%、コンプライアンス部門が19%、最高情報セキュリティ責任者(CISO)が15%、その他の部門が14%であった。さらに、55%は自社の決済データが保管されている、もしくは置かれている場所を知らず、その反面で59%が自社では第三者に決済データへのアクセスを許可していた。同社では、自社の決済データに関するセキュリティ投資、対策、手順がいずれも十分ではないとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
日本の大手通信教育会社での情報漏えいは世界で6番目の深刻度(ジェムアルト)

ジェムアルトは、米SafeNet社が2014年第3四半期におけるデータ漏えいの深刻度を指標化した「SafeNet Breach Level Index(BLI)」の内容を発表した。

icon
トークンにより不正送金対策を行う「トランザクション署名構築サービス」(日本IBM)

日本IBMは、ジェムアルト社の製品を活用し、インターネット・バンキングの不正送金対策を強化するためのシステム設計および構築を行う「トランザクション署名構築サービス」を開始した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト