2016.06.27(月)

J-CSIPにおいて自動車業界SIGの正式運用を開始、7SG、72組織の体制に(IPA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は1月26日、「サイバー情報共有イニシアティブ」(J-CSIP)において、去る12月1日に新設した自動車業界SIGを同日より正式に運用開始したと発表した。また、2015年度第3四半期(10月~12月)の運用状況も公表している。J-CSIPは、国内の重要産業・重要インフラ関連組織間において標的型攻撃などのサイバー攻撃の情報共有を相互に行い、即応的かつ高度な対策につなげる取り組みとして、IPAが2011年10月に発足させた。

これまでの試験運用から、今回情報共有の正式運用を開始した「自動車業界SIG」は、自動車関連企業・団体の計10組織から構成される。また、第3四半期に化学業界SIGに新たに1組織が参加し18組織となったことで、J-CSIP全体では7つの業界(SIG)、72の参加組織(計11組織追加)の体制となった。

2015年度第3四半期の運用状況では、J-CSIP参加組織からIPAに対し、標的型攻撃メールと思われる不審なメールなどの情報提供が行われた件数は723件、それらの情報をもとにIPAからJ-CSIP参加組織へ情報共有を実施した件数は34件であった。情報提供件数は前四半期(88件)から急増しているが、その要因は10月以降に流行した「ばらまき型メール」(466件)と、スパムメールなど無害なメールに関する情報提供(166件)が相次いだためで、これらを差し引くと91件となり、前四半期と同程度であるとしている。なお、提供された情報のうち、IPAでは19件を標的型攻撃メールとみなしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. パスコードロックを全ユーザーに適用(Evernote)

    パスコードロックを全ユーザーに適用(Evernote)

  2. 偽造医薬品の対策として肉眼では見えない透かしを印刷しスマートフォンで真贋を判別(電通国際情報サービス)

    偽造医薬品の対策として肉眼では見えない透かしを印刷しスマートフォンで真贋を判別(電通国際情報サービス)

  3. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

    IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

  4. 静岡大学と共同開発した教員向け「情報モラル診断サービス」に教育委員会向け管理機能を追加(カスペルスキー)

  5. TCG用セキュリティ・チップに対応のソフトウェアスタックを発売(エヌトゥルークリプトシステムズ)

  6. サイバー攻撃を受けた企業に対応費用などを補償するサイバー保険の取扱開始(ラック)

  7. サイトの閲覧を制限するPS4向けのWebセキュリティサービスを提供開始(トレンドマイクロ)

  8. スマートフォンやSNSの中学生向け安全教室開催(トレンドマイクロ)

  9. 制御システムセキュリティ自己評価ツール「J-CLICS」を提供開始(JPCERT/CC)

  10. USB接続型 Nexantis SmartUSB 販売開始(ネクサンティス)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×