2016.06.01(水)

J-CSIPにおいて自動車業界SIGの正式運用を開始、7SG、72組織の体制に(IPA)

経済社会 業界動向

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は1月26日、「サイバー情報共有イニシアティブ」(J-CSIP)において、去る12月1日に新設した自動車業界SIGを同日より正式に運用開始したと発表した。また、2015年度第3四半期(10月~12月)の運用状況も公表している。J-CSIPは、国内の重要産業・重要インフラ関連組織間において標的型攻撃などのサイバー攻撃の情報共有を相互に行い、即応的かつ高度な対策につなげる取り組みとして、IPAが2011年10月に発足させた。

これまでの試験運用から、今回情報共有の正式運用を開始した「自動車業界SIG」は、自動車関連企業・団体の計10組織から構成される。また、第3四半期に化学業界SIGに新たに1組織が参加し18組織となったことで、J-CSIP全体では7つの業界(SIG)、72の参加組織(計11組織追加)の体制となった。

2015年度第3四半期の運用状況では、J-CSIP参加組織からIPAに対し、標的型攻撃メールと思われる不審なメールなどの情報提供が行われた件数は723件、それらの情報をもとにIPAからJ-CSIP参加組織へ情報共有を実施した件数は34件であった。情報提供件数は前四半期(88件)から急増しているが、その要因は10月以降に流行した「ばらまき型メール」(466件)と、スパムメールなど無害なメールに関する情報提供(166件)が相次いだためで、これらを差し引くと91件となり、前四半期と同程度であるとしている。なお、提供された情報のうち、IPAでは19件を標的型攻撃メールとみなしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

経済社会 アクセスランキング

  1. 次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

    次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

  2. キヤノン電子「SML」とFortinet製品の連携で、標的型攻撃とマイナンバー対策(図研ネットウエイブ)

    キヤノン電子「SML」とFortinet製品の連携で、標的型攻撃とマイナンバー対策(図研ネットウエイブ)

  3. マイクロソフト社製品向けメール情報漏えい対策ツールを無償提供(SBT)

    マイクロソフト社製品向けメール情報漏えい対策ツールを無償提供(SBT)

  4. 2010年度インターネット脅威年間レポート 他(ダイジェストニュース)

  5. 横浜市港湾病院の元医師が患者約1万3千人分の個人情報を持ち出し

  6. ファイア・アイの標的型攻撃対策製品が新旧「一太郎」に対応(ファイア・アイ、ジャストシステム)

  7. データセンターのセキュリティレベルを向上、映像監視システムを用いたソリューションを発売(ヴイ・インターネットオペレーションズ)

  8. 米Symantecが統合ソリューションのロードマップを発表(シマンテック)

  9. EC向けの新決済サービス「BuySmart」の提供を開始(サイバーキャッシュ)

  10. 預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×