生命科学分野を中心とした学術論文の類似画像を検出するシステムを開発(LPixel)

2016年1月26日(火) 10時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

画像の不正転用を検出!学術論文用の類似画像検出システムを開発

最近ではSTAP細胞などで一般にも学術論文画像の不正問題が社会問題として認知された。同社は東京大学出身の研究者が中心となって2014年に設立されたベンチャー企業で、研究用画像解析ソフトウェアの開発などを主な業務としている(画像はプレスリリースより)の画像
最近ではSTAP細胞などで一般にも学術論文画像の不正問題が社会問題として認知された。同社は東京大学出身の研究者が中心となって2014年に設立されたベンチャー企業で、研究用画像解析ソフトウェアの開発などを主な業務としている(画像はプレスリリースより)
 LPixelは22日、学術論文の画像、主に生命科学分野を中心とした、類似画像を検出するシステムを開発したことを発表した。

 顕微鏡で撮影された論文画像に共通する特有の「特徴量」を利用して、類似性を計算して転用を検出する。人工知能の手法であるディープランニングも活用することで、高精度の類似画像検索を実現し、画像の切り取りや回転処理などを施しても検出が可能となっている。

 同社は論文の画像切り張りや加工など不自然な箇所を検出する「LP-exam Pro」を2014年より販売しているが、今回のシステムによって不自然な箇所に加えて、画像の類似性も含めて検出することが可能となった。

 同社は機能や販売方法などの詳細を、タイで24日から26日まで開催される「iGroup Annual Sales Meeting 2016」(ASM)にて発表する予定だ。
《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

注目ニュース

icon
「Yahoo!かんたん決済」不正利用対策としてパトロール体制を見直し、不正検知を強化ヤフオク!(ヤフー)

 ヤフーは4日、インターネットオークションサイト「ヤフオク!」について、今後の方針を発表した。「Yahoo!かんたん決済」決済手数料を無料化するとともに、落札システム利用料を変更。その他さまざまな施策を実...

icon
家庭で使用する無線LAN機器の不正利用に対し注意喚起、暗号方式の確認を(IPA)

IPAは、「家庭内における無線LANのセキュリティ設定の確認を」とする注意喚起を発表した。

icon
銀行やカード情報の不正利用、内部不正が上位に--「2015年版 10大脅威」(IPA)

IPAは、「情報セキュリティ10大脅威 2015」を公開した。今回は近年の情報セキュリティの重要性や変化の速さを考慮し、順位を先行しての公表となった。

icon
学校教育でのICT活用を総合的に支援、不正利用を防止するタブレットも提供(ソフトバンク、ベネッセホールディングス)

 ソフトバンクとベネッセホールディングスは11月11日、合弁会社Classi(クラッシー)を2014年4月4日に設立し、2015年度より学校教育でのICT活用をソフトとハードの両面から総合的に支援するサービスを提供開始す...

icon
「OCN ID」が悪意のある第三者に不正使用、1,265IDが被害に(NTTコミュニケーションズ、NTTレゾナント)

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とNTTレゾナントは30日、「ポイントーク」および「gooポイント」が不正利用されていたことを公表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト