重要ファイルの暗号化が最も進んでいるのは米国、日本は低水準にとどまる(ソフォス)

2016年1月25日(月) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
「The State of Encryption Today」の画像
「The State of Encryption Today」
ソフォス株式会社は1月22日、英ソフォス社による暗号化に関する最新の調査「The State of Encryption Today」を発表した。同調査は、米国、カナダ、インド、オーストラリア、日本、マレーシアの6カ国において、中堅・中小企業の ITシステム責任者1,700人に対し、暗号化に関する現状、懸案事項、計画について調査したもの。調査結果から、銀行口座データや人事ファイル、健康記録などの従業員の極秘情報が危険な状態にあることが明らかになったとしている。

重要なファイルの暗号化については、31%の企業が従業員の銀行口座情報を、また43%の企業が極秘の人事ファイルを、それぞれ必ずしも暗号化しているとは限らないと回答した。銀行口座情報を暗号化している割合は、米国企業が79%と最も高く、日本は48%と最も低い結果となった。企業のデータでは、自社の財務データを必ずしも暗号化しているとは限らないと答えた企業は30%、知的財産などのファイルでは41%であった。また、企業の80%がクラウドストレージを利用しているが、クラウド上のすべてのファイルを暗号化している企業は39%にとどまった。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
UTM「Sophos SG」シリーズに802.11ac無線LAN機能採用モデルを追加(ソフォス)

ソフォスは、「802.11ac」の無線LAN機能を標準搭載したUTMアプライアンス製品「Sophos SG 125w」および「同 135w」を出荷開始したと発表した。

icon
ウイルス対策とロックダウン機能の連携でホワイトリストを自動作成(ソフォス)

ソフォスは、サーバ向けクラウド型セキュリティサービス「Sophos Cloud Server Protection Advanced」の提供を開始したと発表した。

icon
クラウド型の統合セキュリティソリューションを日本でも展開(ソフォス)

ソフォスは、クラウド型の統合セキュリティソリューション「Sophos Cloud」の日本語版を提供開始する。

icon
Linux向けアンチウイルスソフトウェアを無料で個人向けに提供(ソフォス)

 ソフォスは18日、法人向けに販売しているLinux向けアンチウイルスソフトウェア「Sophos Anti-Virus for Linux」を、無料で個人向けに提供することを発表した。サイトよりダウンロードが可能。

icon
ジェイズがソフォスとディストリビューター契約、セミナーや広報活動も(ソフォス、ジェイズ)

ソフォスとジェイズは、ソフォスの製品をジェイズが一次代理店として販売するディストリビューター契約を締結したと発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト