セキュリティ意識の高まりから長いパスワードが新たにランクイン、2015年版「最悪のパスワード」を発表(SplashData) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.02.27(月)

セキュリティ意識の高まりから長いパスワードが新たにランクイン、2015年版「最悪のパスワード」を発表(SplashData)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

パスワード管理アプリケーションを開発するSplashDataは、2011年から毎年公開している「最悪のパスワード」ランキングの2015年版を発表しました。データは昨年リークされた200万以上のパスワードの統計を基に集計したもの。5回目となる2015年版ではセキュリティ意識の高まりがあるのか、より長いパスワードが新たにランクインしています。
「最悪のパスワード」ワースト25
1.123456 (同)
2.password (同)
3.12345678 (↑1)
4.qwerty (↑1)
5.12345 (↓2)
6.123456789 (同)
7.football (↑3)
8.1234 (↓1)
9.1234567 (↑2)
10.baseball (↓2)
11.welcome (新)
12.1234567890 (新)
13.abc123 (↑1)
14.111111 (↑1)
15.1qaz2wsx (新)
16.dragon (↓7)
17.master (↑2)
18.monkey (↓6)
19.letmein (↓6)
20.login (新)
21.princess (新)
22.qwertyuiop (新)
23.solo (新)
24.passw0rd (新)
25.starwars (新)

*()内は昨年比

見事「最悪のパスワード」1位を獲得したのは「123456」という数字。多くのパスワードの最小6桁システムをそのまま利用し、数字を順に入力していくだけという単純さで昨年に続きトップに輝きました。2位には「password」というパスワードがランクイン、こちらも昨年同様の順位となっています。

全体的に見ると、キーボードを左や上から順に入力していくものや、単純な単語が占める状態。ユニークなのは「solo」や「princess」、「starwars」と映画「スター・ウォーズ」の公開でトレンドとなった単語が入っている所でしょうか。

基本的にこうした文字列は「推測されやすいパスワード」とされており、数字のみの羅列、意味のある単語などはハッキングの常套手段「辞書攻撃」で看破されやすいものになります。そうした単純な文字列を「1234567890」といった従来よりも長くしたとしても、セキュリティ強度はそう変わらないとSplashDataは伝えています。

オンラインサービスが多く、パスワードを設定する機会も多い我々ゲーマーですが、大事なアカウントを守るためにも、セキュリティ意識を高めておくと良さそうです。

2015年版『最悪のパスワード』ランキング発表―1位はあの数字…

《水京》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 実際に標的型攻撃マルウェアに感染したPCをフォレンジック--J-CRATレポート(IPA)

    実際に標的型攻撃マルウェアに感染したPCをフォレンジック--J-CRATレポート(IPA)

  2. 女性の世代別スマートフォン利用実態、女子高生の特徴が顕著に(MMD研究所)

    女性の世代別スマートフォン利用実態、女子高生の特徴が顕著に(MMD研究所)

  3. 過去1年間にサイバー攻撃を受けたECサイトは約半数、約75%で実害が発生(トレンドマイクロ)

    過去1年間にサイバー攻撃を受けたECサイトは約半数、約75%で実害が発生(トレンドマイクロ)

  4. ランサムウェアへの理解度、日本は世界平均よりやや低い結果に(アクロニス)

  5. ランサムウェアの基礎知識から感染事例、対策をまとめたレポートを公開(IPA)

  6. 4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  7. 媒体や手口などを記載した「ネットいじめ対策親子ガイドブック」を公開(シマンテック)

  8. 日本の保護者は子供のネット接続デバイス利用に「放任主義」--14カ国調査(マカフィー)

  9. WEBアプリケーション脆弱性診断実施回数は年2~4回、予算は一回20万円が最多(NHNテコラス、イード)

  10. あらゆる業界でDDoS攻撃の規模と頻度が大幅に拡大--グローバルレポート(アーバーネットワークス)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×