2016.07.31(日)

SMSで偽サイトに誘導、「三井住友銀行」を騙るフィッシングサイトを確認(フィッシング対策協議会)

脆弱性と脅威 脅威動向

 フィッシング対策協議会は19日、「三井住友銀行」を騙るフィッシングサイト(偽サイト)が存在しているとして、注意を呼びかけた。

 同協議会の発表によると、「ダイレクトのパスワードが翌日に失効し、三井住友のメンテナンスサイトwww.●●●●.comにより、更新をお願いします。」という内容で、偽サイトに誘導するSMS(ショートメッセージサービス)が出回っている模様。誘導先のサイトは、1月22日10時時点ですでに停止しているが、今後新たな類似サイトが登場する可能性がある。

 偽サイトのURLは複数あり、「http://smbc●●●●.com/」「http://www.smbc●●●●.com/」など、紛らわしい名称が使われている。

 同協議会は、このようなフィッシングサイトで、アカウント情報(名前、誕生日、アドレス、郵便番号、電子メール、電話番号、店番号・口座番号、契約者番号、第一暗唱など)などを絶対に入力しないように注意を呼びかけている。

三井住友銀行を騙るSMS詐欺に注意

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. 「Apache Struts 1」利用に早急な切り替えを呼びかけ--JVN登録状況(IPA)

    「Apache Struts 1」利用に早急な切り替えを呼びかけ--JVN登録状況(IPA)

  3. Ruby on Rails において Render メソッドの実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

    Ruby on Rails において Render メソッドの実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  4. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  5. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  6. 2013年にサポートが終了している「Apache Struts1」に複数の脆弱性(JVN)

  7. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  8. スマホを狙うマルウェア、「PUA」「トロイの木馬」で全体の95%を占める(アンラボ)

  9. TFTPサーバやMS SQLサーバに対するアクセスが増加(警察庁)

  10. 「Fonality(旧称 trixbox Pro)」に複数の脆弱性(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×