「JP1」などと「FireEye」を連携、感染端末の自動排除を可能に(日立、ファイア・アイほか)

2016年1月22日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソリューションの全体イメージの画像
ソリューションの全体イメージ
:「NX NetMonitor」による強制排除と通信誘導の仕組みの画像
:「NX NetMonitor」による強制排除と通信誘導の仕組み
株式会社日立製作所(日立)は1月21日、標的型サイバー攻撃対策として、日立の不正PC監視・強制排除ソフトウェア「NX NetMonitor」および統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」と、サイバー攻撃検知やインシデント対策サービスを提供するファイア・アイ株式会社のサイバー攻撃検知製品「FireEye NX」を連携させ、マルウェア感染端末の早期検出から強制排除までを自動的に行うことで、感染拡大防止を図るソリューションを2月1日から提供を開始すると発表した。

「NX NetMonitor」は、各端末に専用ソフトをインストールせずに、ネットワークに専用監視装置を設置するのみで、検知した不正PC・スマートデバイスを、自動的に強制排除やアクセス制御するシステム。「FireEye」と組み合わせることで、マルウェアの検出から感染端末のネットワークからの自動強制排除を行い、感染拡大による二次的被害や情報漏えいを防止する。なお、「FireEye」の日本における一次代理店であるソフトバンク・テクノロジー株式会社、および株式会社日立ハイテクノロジーズの子会社で「FireEye」と日立グループ製品との連携ソリューションの推進を担当する株式会社日立ハイテクソリューションズは、同ソリューションの販売協力を行う。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
スマートフォンをキャッシュカードとしてATM取引、スキミングなどのカード犯罪を抑止(日立製作所)

 日立製作所は17日、スマートフォン(スマホ)をキャッシュカード代わりにしてATM取引などを可能とする「日立モバイル型キャッシュカードサービス」を国内の金融機関向けに販売開始した。

icon
2015年の「CYDER」を開始、6回以上を実施予定(NTT.Comほか)

NTT Com、日立製作所およびNECは、総務省から受託した「サイバー攻撃複合防御モデル・実践演習の実証実験」の一環として、今年度第1回目の「実践的サイバー防御演習(CYDER)」を開始した。

icon
デジタルサイネージソリューションに災害時の緊急情報を自動で配信・表示させる機能を追加(日立、日立ケーイーシステムズ)

 日立製作所(日立)と日立ケーイーシステムズ(日立ケーイー)は19日、両社のデジタルサイネージソリューションに、災害時の緊急情報を自動で配信・表示させる機能を追加し、12月1日より新サービスとして提供す...

icon
ビーコンから離れるとスマートフォンに通知するクラウド型紛失防止セキュリティソリューション(日立システムズエンジニアリングサービス)

日立システムズエンジニアリングサービスは15日、クラウド型紛失防止セキュリティソリューションを2016年1月から提供することを発表した。

icon
機械学習と可視化などにより標的型攻撃を97%検知する技術を開発(日立)

日立は、標的型サイバー攻撃の拡散活動を検出する技術を開発したと発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト