2016.07.01(金)

「Dr.WEB」がメジャーバージョンアップ、最新技術で検知機能をさらに強化(Dr.WEB)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は1月21日、Windows向けの「Dr.Web Security Space」および「Dr.Web Anti-virus」の新バージョン「11.0」をリリースしたと発表した。新バージョンでは、脆弱性対策としてヒューリスティックアナライザ「Dr.Web Process Heuristics」の改良と、最も一般的なアプリケーションのゼロデイ脆弱性を悪用した攻撃からシステムを保護するテクノロジー「Dr.Web ShellGuard」を導入し、「Dr.Web Preventive Protection(予防的保護)」の向上に注力したという。

新しいヒューリスティックアナライザは、疑わしいまたは悪意のあるプロセスを停止させ、より効率的に脅威を検出する。また「Dr.Web ShellGuard テクノロジー」は、ローカルデータベースに加えて、Dr.Webレピュテーションクラウドにより最新情報を反映する。さらに、新コンポーネント「Dr.Web HyperVisor」は、システムの最も低いレベルで動作することで脅威の検出・駆除を大幅に向上させ、システム上に侵入するマルウェアやDr.Webの動作を妨害しようとするマルウェア(未だ発見されていないマルウェアを含む)の試みをすべて阻止するとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  2. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

    新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  3. シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

    シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

  4. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

  5. IoTシステムの安全・安心な運用に向けて協業(ウェブルート、アドソル日進)

  6. セキュリティテストの普及推進を目的に、FFRIとSHIFTが業務提携(FFRI、SHIFT)

  7. 迫る期日と進まない移行……SHA-1の脆弱性放置の危険性

  8. ファイル検査も可能なインターネット分離クラウドサービスを提供開始(セコムトラストシステムズ)

  9. 熱中症から子どもを守るためのガイドをホームページに掲載(東京消防庁)

  10. 国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」を2016年4月より実施(IPA)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×