2016.06.01(水)

「Dr.WEB」がメジャーバージョンアップ、最新技術で検知機能をさらに強化(Dr.WEB)

経済社会 新製品・新サービス

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は1月21日、Windows向けの「Dr.Web Security Space」および「Dr.Web Anti-virus」の新バージョン「11.0」をリリースしたと発表した。新バージョンでは、脆弱性対策としてヒューリスティックアナライザ「Dr.Web Process Heuristics」の改良と、最も一般的なアプリケーションのゼロデイ脆弱性を悪用した攻撃からシステムを保護するテクノロジー「Dr.Web ShellGuard」を導入し、「Dr.Web Preventive Protection(予防的保護)」の向上に注力したという。

新しいヒューリスティックアナライザは、疑わしいまたは悪意のあるプロセスを停止させ、より効率的に脅威を検出する。また「Dr.Web ShellGuard テクノロジー」は、ローカルデータベースに加えて、Dr.Webレピュテーションクラウドにより最新情報を反映する。さらに、新コンポーネント「Dr.Web HyperVisor」は、システムの最も低いレベルで動作することで脅威の検出・駆除を大幅に向上させ、システム上に侵入するマルウェアやDr.Webの動作を妨害しようとするマルウェア(未だ発見されていないマルウェアを含む)の試みをすべて阻止するとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

経済社会 アクセスランキング

  1. 連携によりIoTプラットフォームの膨大な認証を高速で実現(サイバートラスト、F5)

    連携によりIoTプラットフォームの膨大な認証を高速で実現(サイバートラスト、F5)

  2. 子どものスマートフォンでの活動を管理できるiOSアプリを提供(シマンテック)

    子どものスマートフォンでの活動を管理できるiOSアプリを提供(シマンテック)

  3. 仮想ブラウザとファイル無害化ソリューションを連携、自治体にも有効(アシスト、イーセクター)

    仮想ブラウザとファイル無害化ソリューションを連携、自治体にも有効(アシスト、イーセクター)

  4. パーソナルデータの「匿名加工情報」化で企業活用を支援するサービス(日立ソリューションズ)

  5. 業務端末をインターネットから遮断してもブラウザを利用できるサービス(アシスト、日本ナレッジ)

  6. 個人・SOHO向けセキュリティソフトの月額版を発売、ISPへの販路拡大を狙う(FFRI)

  7. 金融機関を対象としたCSIRT要員の実践的共同トレーニングを提供(NEC)

  8. 機械学習AIによりパターンファイルを不要としたエンドポイント製品(日立ソリューションズ)

  9. 企業のクラウドサービス利活用の利便性とセキュリティの向上で3社が協業(デジタルアーツ、グルージェント、サイバートラスト)

  10. アイワイバンクのログオン画面に通信が暗号化されない不具合

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×