やり取り型の標的型メール攻撃をリアルタイムに検知する技術を開発(富士通、富士通研究所)

2016年1月22日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
やり取り型の標的型メール攻撃の検知例の画像
やり取り型の標的型メール攻撃の検知例
本技術を組み合わせた新たなサイバー攻撃対策の画像
本技術を組み合わせた新たなサイバー攻撃対策
富士通株式会社と株式会社富士通研究所は1月21日、やり取り型の標的型メール攻撃をリアルタイムに検知する技術を開発したと発表した。これは近年、攻撃者が標的に対して業務に関連した要件を装って巧みにメールをやり取りし、相手を信用させてから攻撃を仕掛けてくるという、高度化した標的型メール攻撃が増えていることを受けたもの。標的となった人物が不審な動きに気付くことは困難になっている。

今回、両社が開発した技術は、利用者の普段のメール送受信とその前後のWebサイトへのアクセスなど一連の操作履歴を関連付けた上で学習し、それと異なる不審な動作を「やり取り型の標的型メール攻撃」としてリアルタイムに検知するというもので、業界初のものとなる。本技術は、「メール受信を起点とする利用者の複数の操作履歴を関連づける技術」と「組合せ判断によるリアルタイム異常検知技術」の2つの技術から構成される。今後は、検知可能となる標的型メール攻撃の範囲を広げ、検知精度をさらに向上させ、サイバー攻撃対策や情報漏洩対策として、2016年度の実用化を目指すとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
IoT機器向けに、TLSでの認証時間を1/5にする技術を産学で開発(富士通研究所)

富士通研究所は、東京大学、東邦大学と共同で、IoT機器向けにPCなどで広く用いられる公開鍵暗号を利用した暗号通信方式TLSの認証処理時間を、同等の暗号強度をもつ従来方式と比較して約5分の1に短縮する認証技術...

icon
手のひら静脈などの生体情報を安全に暗号鍵として利用できる技術を開発(富士通研究所)

 富士通研究所は26日、手のひら静脈などの生体情報をより安全に暗号鍵として利用できる技術を、新たに開発したことを発表した。これにより、鍵管理不要で、IDやパスワードなどの秘密情報を簡単に管理できるよう...

icon
JCBがカードレス決済システムに手のひら静脈認証技術を採用(富士通、富士通フロンテック)

 富士通と富士通フロンテックは7日、ジェーシービー(JCB)のカードレス決済システムに、富士通の手のひら静脈認証技術が採用されたことを発表した。手のひら静脈情報とカード情報を紐付けた、世界初のシステム...

icon
防水・防塵、MIL-STD-810G対応で堅牢性も兼ね備えたSIMフリーのAndroidスマートフォンを発表(富士通)

 富士通は6日、SIMフリーのAndroidスマートフォン「arrows M02」を発表した。5インチ有機ELディスプレイを搭載し、防水・防塵、MIL-STD-810G対応で堅牢性も兼ね備えた。

icon
既存の光ファイバーを利用しサーバ間光通信を長距離化する技術を新開発(富士通研究所)

 富士通研究所は28日、既存の光ファイバーを利用しながら、サーバ間光通信を長距離化する技術を、新開発したことを発表した。光通信の距離が従来の2倍に拡大するため、面積換算だと最大で従来比4倍程度のサーバ...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト