サイバーセキュリティの普及啓発強化のため攻殻機動隊SACとタイアップ(NISC)

2016年1月22日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

『攻殻機動隊SAC』が、サイバーセキュリティ月間や国家試験とコラボ!

2016年サイバーセキュリティ月間ポスターイラストの画像
2016年サイバーセキュリティ月間ポスターイラスト
普及啓発キャンペーンポスターイラストの画像
普及啓発キャンペーンポスターイラスト
 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は21日、マルチメディアコンテンツ『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX(SAC)』とのタイアップを行い、サイバーセキュリティに関する普及啓発強化のため、さまざまな企画を行うことを発表した。

 講談社・攻殻機動隊製作委員会が協力し、「2016年サイバーセキュリティ月間」(2月1日~3月18日)について、新規書き下ろしイラストを採用したポスターを作成、全国の関係機関に配布する。また同キャラクターを用いたウェブバナーを作成し、NISCホームページにて公開および提供を行う。

 また民間イベントとして、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)を中心に、『攻殻機動隊SAC』とコラボレーションした特設ウェブサイト、『攻殻機動隊SAC』公式のコラボレーション漫画などが、1月下旬から公開される予定。

 情報処理推進機構では、2016年度から実施される新たな国家試験「情報セキュリティマネジメント試験(SG)」において、普及啓発キャンペーンを実施する。

 ポスターの画像制作を担当したプロダクションI.G石川光久代表取締役社長は、「荒巻というキャラクターが語る『スタンドプレーから生じるチームワーク』という非常に印象的なセリフがあります。現在のインターネットセキュリティを取り巻く環境はまさにこのセリフが当てはまる時代となったと感じています。インターネットの急速な普及、加えてここ数年に起こったスマートフォンの急速な普及は、われわれ一人一人にインターネットと向き合う高い意識と正しい知識を要求する時代をもたらしました。個々人が正しい知識を持ちインターネットと対峙(“スタンドプレー”)することにより、総体としての安全なインターネット社会(“結果としてのチームワーク”)が構築できるのです」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶@RBB TODAY》

注目ニュース

icon
国内初の女性限定ハッキングコンテストを開催(攻殻機動隊REALIZE PROJECT)

11月7日、「攻殻機動隊REALIZE PROJECT」が女性限定ハッキングコンテスト「攻殻CTF」が開催された。女性参加者23名が全国から集結した。

icon
「攻殻機動隊 ARISE」東京ゲームショウ2013でのハッキングを開始、会場内の自動販売機で「JINS PC」を発売

『攻殻機動隊 ARISE』をコンセプトにした、「JINS PC for HACKERS」の自動販売機が、東京ゲームショウ2013に姿を見せた。世界最大規模のゲームイベントのハッキングを開始した。

icon
重要インフラにおける分野横断的演習、昨年の3倍以上となる302組織が参加(NISC)

NISCは、2015年度の重要インフラにおける分野横断的演習の実施結果について発表した。10回目となる今回は、302組織1,168名が参加した。

icon
日本のサイバーセキュリティ推進を目指し協力(NICT、NISC)

NICTとNISCは、サイバーセキュリティ基本法等を踏まえた包括的な協力協定を新たに締結したと発表した。

icon
サイバーセキュリティ基本法とNISCの役割について――NISC 副センター長 谷脇康彦氏

谷脇氏は、日本をとりまくサイバーセキュリティの現状や政府の取り組み、サイバーセキュリティ基本法の理念とNISCの位置づけなどを語った。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト