クラウド型マルウェア検知・解析システムにLastlineを採用(NTTデータ先端技術)

2016年1月21日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
「マルウェア検知・解析サービス powered by Lastline 」のサービスイメージの画像
「マルウェア検知・解析サービス powered by Lastline 」のサービスイメージ
NTTデータ先端技術株式会社は1月20日、標的型攻撃対策を支援するための「マルウェア検知・解析サービス powered by Lastline」を2月より提供開始すると発表した。同サービスは、標的型攻撃対策に特化した技術・サービスを提供する米Lastline社のマルウェア検知解析システム「Lastline」に、NTTデータ先端技術の「セキュリティ運用監視サービス」や「セキュリティ・インシデント救急サービス」などを組み合わせて提供するもの。

同サービスでは、未知のマルウェアを検知・解析するためのシステムとして、Lastlineを用いた「クラウド型マルウェア検知・解析システム」をNTTデータ先端技術のSOC内に設置する。これにより、不審なファイルの送信先が日本国内に設置された解析エンジンとなるため、海外へのデータ送信を行うことなくマルウェア解析を実施できる。顧客のネットワーク内や通信データ内の疑わしいファイルは、顧客ネットワークに設置する相関分析センサー(Previct Sensor)で一次検査を行い、不審なものについてはNTTデータ先端技術SOC内のクラウド型マルウェア検知・解析システムに送信し、より詳細な解析を行うことが可能になる。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
Windows OS上でシステム停止や任意のコードを実行される脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、HTTP.sys の脆弱性により、リモートでコードが実行される脆弱性に関する検証レポートを公開した。

icon
Oracle Engineered Systemsラボにエンジニアド・システムを導入(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、Oracle Databaseの保護に特化した初のエンジニアド・システム「Zero Data Loss Recovery Appliance」を導入し、同社の「Oracle Engineered Systemsラボ」の増強を行うと発表した。

icon
信頼性、可用性の高い企業向けバックアップストレージサービスを発売(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、バックアップストレージサービス「Storage Spaniel」を7月1日より提供開始すると発表した。

icon
リモートアクセス検疫ソリューションを強化(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、シンクライアントから社内システムへの接続に特化したリモートアクセス検疫ソリューション「NOSiDE Secure Connect」を販売開始する。

icon
Windows8環境のJavaで任意のコードが実行される脆弱性の検証レポート(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、Oracle Java SE JDK7およびJRE7のJMXクラスの脆弱性により任意のコードを実行される脆弱性に関する検証レポートを公開した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト