2016.07.24(日)

震災や津波、洪水などあらゆる災害への対策が取られた「大阪第5データセンター」を開設(NTT Com)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 NTTコミュニケーションズは18日、災害に強い「大阪第5データセンター」を開設したことを発表した。

 大阪市内に建設された地上11階建てデーセンター専用ビルで、サーバールーム面積約3,500平方メートル、1,600ラック相当を提供する。

 震災や津波、洪水などあらゆる種類の災害を想定した対策が取られており、浸水に備えて重要設備はすべて建物2階以上に設置され、地震による衝撃を抑える免震装置や、直下型地震による上下振動を抑える制振装置も備える。建物に引き込まれる通信ケーブルは大型の通信用耐震トンネル「とう道」に直結しており、地震や道路掘削で損傷される心配がない。

 また2016年3月には、大阪市内のNTT Comデータセンター間を同一データセンターのような環境で利用できる低遅延接続サービスも安価で提供する予定としている。

地震・津波・洪水にも耐えるデータセンターを大阪市内に開設……NTT Com

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

    「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  2. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  3. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

    神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  4. サンドボックス機能を導入したエンドポイントセキュリティサービス(エフセキュア、ソフトバンク)

  5. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  6. 国家機関発行の身分証明書や運転免許証等の印刷にも対応するプリンタを発売(HID Global)

  7. ソフトウェア・プロテクション・システム「Hasp4」がクロスプラットフォームに対応(アラジンジャパン)

  8. 独自構造のサンドボックスをSaaS型セキュリティサービスに採用(フォーティネットジャパン)

  9. テーマ・プラグインを含む「WordPress」の脆弱性スキャン、当面は無料で提供(ウォルティ)

  10. スマートフォンやSNSの中学生向け安全教室開催(トレンドマイクロ)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×