2016.06.01(水)

セキュアな無線アクセスポイントの新モデルを発売(ウォッチガード)

経済社会 新製品・新サービス

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は1月19日、セキュアな無線アクセスポイントの新モデル「AP300」を発表した。参考価格は166,500円(税抜、初年度メーカー保守込み)から。AP300は、同社のUTMアプライアンスのFireboxをコントローラとして連携させて利用し、無線アクセスとともに各種の高機能セキュリティサービスを提供することで、Wi-Fiネットワークの安全を確保するもの。

同製品は802.11ac標準に対応し、VoIP端末との通信品質改善を可能にする「高速ローミング」、クライアントのAP間切り替え接続を低信号で迅速に処理する「高速ハンドオーバー」、またはクライアントが高品質の5GHz帯を利用できる「バンドステアリング」など、企業が抱える無線接続の課題を解決する新機能を備えている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

経済社会 アクセスランキング

  1. 連携によりIoTプラットフォームの膨大な認証を高速で実現(サイバートラスト、F5)

    連携によりIoTプラットフォームの膨大な認証を高速で実現(サイバートラスト、F5)

  2. 仮想ブラウザとファイル無害化ソリューションを連携、自治体にも有効(アシスト、イーセクター)

    仮想ブラウザとファイル無害化ソリューションを連携、自治体にも有効(アシスト、イーセクター)

  3. パーソナルデータの「匿名加工情報」化で企業活用を支援するサービス(日立ソリューションズ)

    パーソナルデータの「匿名加工情報」化で企業活用を支援するサービス(日立ソリューションズ)

  4. 子どものスマートフォンでの活動を管理できるiOSアプリを提供(シマンテック)

  5. 業務端末をインターネットから遮断してもブラウザを利用できるサービス(アシスト、日本ナレッジ)

  6. データを分割・変換することで情報漏えいを防ぐソリューション(TCSI)

  7. 企業のクラウドサービス利活用の利便性とセキュリティの向上で3社が協業(デジタルアーツ、グルージェント、サイバートラスト)

  8. 2015年の「CYDER」を開始、6回以上を実施予定(NTT.Comほか)

  9. 星澤氏を迎え新たにラボを設置、コンサルとインテリジェンスを提供(PwC)

  10. 独自の仮想パッチシステムにより80%のコストを削減するスイート製品(マカフィー)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×