2016.06.26(日)

DMM.comを騙り有料動画サイトの利用料金を支払わせようとするSMSを確認(消費者庁)

脆弱性と脅威 脅威動向

 消費者庁は18日、DMM.comを騙り、有料動画サイトの利用料金を支払わせようとする事業者がいるとして、注意を呼びかけた。未払料金を請求するSMS(ショートメッセージサービス)を、送信してくるという。

 消費者庁によると、昨年5月以降、「DMM:有料動画の閲覧履歴があり、 登録解除をその日のうちに事業者に連絡しないと身辺調査および強制執行の法的措置に移行する。」などと書かれたSMSに関する相談が増えているとのこと。この事業者について名前は明かされていないが、同一事業者が送信している模様だ。

 SMSを見て、不安を感じた消費者が連絡すると、DMM.comを騙って、大手通販サイトのギフトカードをコンビ二エンスストア等で購入し、ギフトカードのカード番号等を伝えるよう指示してくるという。これは典型的な手口で、他のネット詐欺でも多用されている。

 消費者庁は、発信者が「DMM」と表示されるSMSで「有料動画サイトの閲覧履歴があり…至急ご連絡ください。」 などと送られてきても電話をかけたり、カード番号等を教えたりすることは絶対にしないよう呼びかけている。不審な場合は、消費生活相談窓口(消費者ホットライン電話番号188)や警察(電話番号#9110)まで相談のこと。

消費者庁、DMM.comを騙る詐欺に注意呼びかけ

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

    OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

  2. Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

    Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

  3. 「ウイルスが検出されました」と日本語の音声で警告する偽サイトを確認(トレンドマイクロ)

    「ウイルスが検出されました」と日本語の音声で警告する偽サイトを確認(トレンドマイクロ)

  4. 「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性、バージョンアップを強く推奨(ラック)

  5. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  6. Ubuntu のクラッシュレポート機能 (Apport) により権限昇格されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  7. 「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

  8. 「ntpd」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  9. IrfanView の JPEG 2000 プラグインにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  10. 「Electron」に任意のJavaScriptを実行される脆弱性(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×