他のセキュリティ製品と組み合わせられる侵入検知ネットワークセンサ(アズビルセキュリティフライデー)

2016年1月19日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
他のセキュリティ製品と組み合わせられる侵入検知ネットワークセンサ(アズビルセキュリティフライデー)の画像
他のセキュリティ製品と組み合わせられる侵入検知ネットワークセンサ(アズビルセキュリティフライデー)
アズビルセキュリティフライデー株式会社は1月18日、ITシステムに侵入したサイバー攻撃を検知するネットワークセンサ「VISUACTTM-X」を2月1日に発売すると発表した。VISUACT-Xには、同社のコア技術である「VISUACTテクノロジ」(Windowsネットワークを見える化する技術)に加え、同社が新たに開発した、サイバー攻撃を早期に検知する「TAAN1 テクノロジ」を搭載した。

また「VISUACT-X」は、ネットワーク監視型を採用することで他のシステムと干渉を防いでいるため、稼働中のITシステムに悪影響を及ぼすことなく導入することができ、他のセキュリティ製品と組み合わせること可能としている。エンドポイントやゲートウェイ監視などのセキュリティ製品と組み合わせることで、
精度の高いサイバー攻撃検知システムの構築が可能となる。販売方式は、ソフトウェアのライセンス販売と、セキュリティ事業者へのOEM提供となり、価格は200万円から。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
“見える化”を実現する「VISUACT」がネットワークセンサへ機能拡張(アズビルセキュリティフライデー)

アズビルセキュリティフライデーは、“企業の内部ネットワークの見える化”を実現するネットワークセンサの最新版「VISUACT 3」を11月25日に販売開始する。

icon
都市をハッキングできるか―『ウォッチドッグス』を都市インフラの専門家が検証(アズビル セキュリティフライデー)

今回は、このゲームで題材とされている都市インフラのハッキングの危険性や、ゲーム内で起こるハッキングシーンの実現可能性などを専門家の方に語っていただきたいということでお話をお聞きします。

icon
制御系システムはセキュリティよりセーフティ(アズビル セキュリティフライデー)

実はこのような流行のウイルスが入ってしまい、制御システムが止まったという事例は、公表はされていませんがたくさんあるのです。

icon
標的型攻撃対策はイントラネットの自己点検から(アズビル セキュリティフライデー)

標的型攻撃で行われる、隠蔽工作の手法の中で、最も簡単なものは、リテラシーの低い、いわゆるIT弱者を利用することです。

icon
重要インフラ制御システムのセキュリティ対策にマルウェアセンサを国内発売(アズビル)

アズビルは、azbilグループのアズビル セキュリティフライデーと開発したサイバー攻撃およびマルウェア感染を早期に検知する「VISUACTTM-V」の日本国内向け販売を同日より開始する。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト