新たなRAT「Trochilus」を検出、標的はアジアの政府と非政府組織(アーバーネットワークス)

2016年1月19日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
新たなRAT「Trochilus」を検出、標的はアジアの政府と非政府組織(アーバーネットワークス)の画像
新たなRAT「Trochilus」を検出、標的はアジアの政府と非政府組織(アーバーネットワークス)
アーバーネットワークス株式会社は1月18日、Arbor Networks社による新しいASERT(Security Engineering & Response Team)脅威インテリジェンスレポートについて発表した。これによると、アジアの政府と非政府組織を標的とする多層攻撃を検出した。この攻撃において「Trochilus」と呼ばれる新たなRATを検出したという。

このRATは、7つのパーツからなるマルウェアクラスタの一部であり、 東アジアを拠点に展開していると見られている。アジア地域のCERTでは、「PlugX」「EvilGrab」「9002 RAT」マルウェアも同時に検出されているが、「Trochilus」が標的型攻撃に使用されたという公開情報は把握していないという。今回のASERT脅威インテリジェンスレポートには、「Trochilus」マルウェアファミリの略歴や、同マルウェアの動作に関する概要などの詳細が記されている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
2015年第2四半期で最大のDDoS攻撃は196GB/秒、しかしもはや一般的な規模(アーバーネットワークス)

アーバーネットワークスは、Arbor Networksによる2015年第2四半期のグローバルDDoS攻撃データを公開した。

icon
DDoS攻撃の危険性に関する5つの誤解(アーバーネットワークス)

DDoS攻撃から組織のネットワークを防御することが長年の課題とされる中、多くの企業のネットワークは危険にさらされている。このような状況を踏まえ、企業がDDoS攻撃に対して飽きやすい主な誤解についてアーバー...

icon
DDoS攻撃の規模、速度、複雑性は拡大傾向--DDoS攻撃動向(アーバーネットワークス)

アーバーネットワークスは、2013年上半期中のDDoS攻撃の動向に関するデータを同社のブログ上で公開した。

icon
エンタープライズ向けDDoS攻撃対策ソリューションの最新版(アーバーネットワークス)

アーバーネットワークスは、企業や政府機関のネットワーク向け製品「Pravail 可用性防御システム(Pravail APS)」の最新版となる「Pravail APS 3.1」の提供を開始した。

icon
国内のDDoS対策市場は年平均30%で成長(アーバーネットワークス)

DDoS攻撃対策ソリューションを提供する米アーバーネットワークス社 社長 Collin Doherty 氏と、副社長の Carlos Morales 氏が4月中旬来日し、先頃同社研究所が発表した年次調査報告書による知見をもとにメディア...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト