2016.07.02(土)

ステルスマルウェアやモバイルバンキング型トロイの木馬を確認--四半期レポート(マカフィー)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

マカフィー株式会社は1月14日、インテル セキュリティによる2015年第3四半期の脅威レポートを発表した。レポートでは、キートピックとして「ステルス化が進むファイルレスマルウェア」「クラウドを利用してモバイルバンキングを狙うトロイの木馬」「マクロウイルスが復活」の3つを挙げている。

McAfee Labsでは、2015年初から第3四半期までに74,471件のファイルレス マルウェアのサンプルを採取しており、最も感染が拡大している3種類のファイルレス マルウェアは、ハードウェアプラットフォームのメモリ領域に直接感染し、カーネルレベルのAPIのバックグラウンドまたはOSのレジストリ内部に潜伏する。しかし、「Kovter」「Powelike」「XswKit」といった新種の攻撃は、OSのプラットフォーム サービスを悪用して、ディスクに痕跡を残さずに侵入するよう設計されているため、感染の特定が困難だという。

また、McAfee Labsが2カ月にわたって約30万件のモバイル アプリを分析した結果、東ヨーロッパで数千のモバイル バンキング用アカウントが狙われた攻撃で使用された、2種類のモバイル バンキング型トロイの木馬を発見した。これら2種類のマルウェアは「Android/OpFake」や「Android/Marry」と呼ばれ、アプリのデータをバックエンドで管理しているサービスプロバイダにネットワーク接続するためにモバイル アプリ内に実装された“脆弱な”コードを悪用できるようになっていたという。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 複数の標的型攻撃の相関分析により、攻撃手口や攻撃者の目的に迫る(IPA)

    複数の標的型攻撃の相関分析により、攻撃手口や攻撃者の目的に迫る(IPA)

  2. Androidデバイスを狙うランサムウェアの攻撃が急増、遭遇者は1年で約4倍(カスペルスキー)

    Androidデバイスを狙うランサムウェアの攻撃が急増、遭遇者は1年で約4倍(カスペルスキー)

  3. 公共・製造・金融… 産業別サイバー攻撃ベスト 3 (ベライゾンジャパン)

    公共・製造・金融… 産業別サイバー攻撃ベスト 3 (ベライゾンジャパン)

  4. トップページのEV SSL対応は10社中3社--主要電力会社サイトのSSL対応状況(ビットスター)

  5. 外部にさらされているインフラは東京が突出~SHODANで見る5都府県(トレンドマイクロ)

  6. CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

  7. iPhoneで推測されやすい危険なパスコードトップ10、「5683」の意味とは?(ソフォス)

  8. ロジック解析エンジン型とシグネチャ型WAFの比較 前編(ペンタセキュリティシステムズ)

  9. 子供の学力を伸ばすためのスマホ、SNS利用とは(トレンドマイクロ)

  10. 2015年第4四半期のクレジットカード不正使用被害、被害額は増加傾向(日本クレジット協会)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×