2016.09.26(月)

サイト改ざんが依然としてインシデントの1/4を占める--JPCERT/CCレポート(JPCERT/CC)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月14日、2015年10月1日から12月31日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。インシデント報告対応レポートによると、同四半期にJPCERT/CCに寄せられたインシデント報告件数は3,440件で、前四半期(4,128件)から17%減少した。

インシデントの内訳は「スキャン」が48.2%、「Webサイト改ざん」が26.1%、「フィッシングサイト」が15.0%を占めた。フィッシングサイト全体では、金融機関のサイトを装ったものが49.1%、Eコマースサイトを装ったものが16.4%を占めている。本四半期に報告が寄せられたフィッシングサイトの件数は474件で、前四半期の522件から9%減少し、前年度同期(466件)との比較では17%の増加となっている。

活動概要では、「高度サイバー攻撃への対策のための文書を公開」「標的型攻撃に使われるマルウエアに対する、検知ツールと分析スクリプトを公開」「JVNにて共通脆弱性評価システムCVSS v3 による脆弱性評価を開始」をトピックに挙げている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. ピーク時363GbpsのDDoS攻撃を記録、ブラジルからの攻撃も過去最大に(アカマイ)

    ピーク時363GbpsのDDoS攻撃を記録、ブラジルからの攻撃も過去最大に(アカマイ)

  2. 2016年上半期に漏えいしたデータ件数は世界で5億5千万件、北米が約8割(ジェムアルト)

    2016年上半期に漏えいしたデータ件数は世界で5億5千万件、北米が約8割(ジェムアルト)

  3. 「サイバー戦争論 : ナショナルセキュリティの現在」 伊東 寛 (ブックレビュー)

    「サイバー戦争論 : ナショナルセキュリティの現在」 伊東 寛 (ブックレビュー)

  4. メール攻撃に使用される日本語が洗練され、判断が困難に--上半期レポート(日本IBM)

  5. CSIRT、SOCの設置率は2年前から10%増加、しかし約4割が情報漏えいや操業停止を経験(トレンドマイクロ)

  6. 75%が自社ネットワークの暗号化通信に隠れたマルウェアの危険を認識(A10)

  7. 4社に1社ランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  8. 「組織幹部がサイバーセキュリティを重視している」、日本は最低の結果に(マカフィー)

  9. 約800のPマーク取得組織で2千件弱の個人情報事故、前年より2割弱増加(JIPDEC)

  10. 日本の情報セキュリティ 2015 年度市場規模 9,000 億円 突破を予測、情報セキュリティ保険も伸長(JNSA)

  11. iPhoneで推測されやすい危険なパスコードトップ10、「5683」の意味とは?(ソフォス)

  12. 「裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬」柳井 政和(ブックレビュー)

  13. 大規模DDoS攻撃が増加、ピーク時に289Gbpsを記録した例も--四半期レポート(アカマイ)

  14. いじめに関するネットアンケートを実施、内容は「陰口・仲間はずれ」が32%と最も多い(ドワンゴ、ニワンゴ)

  15. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  16. 日本の閲覧数上位50のWebサイトのうち、15のサイトで脆弱性のあるOSを使用(マクニカネットワークス)

  17. 金融分野でのセキュリティ対策の現状と課題、提言を紹介(PwC)

  18. 「Censys」の利用方法などを解説した改訂版を公開--テクニカルウォッチ(IPA)

  19. 重要インフラを狙うマルウェア「Daserf」、長期間標的組織に潜伏の可能性(ラック)

  20. データロスやダウンタイムによる損失コスト、国際平均と日本を比較(EMCジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★10月7日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★10月7日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×