2016.06.25(土)

サンドボックスを中核とした、標的型攻撃監視・防御サービスを開始(SCSK)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

SCSK株式会社は1月13日、標的型攻撃を検知する「標的型攻撃監視サービス」、および標的型攻撃に起因する情報漏えい被害を防ぐ「標的型攻撃防御サービス」の提供を同日より開始したと発表した。これらのサービスは、顧客環境にサンドボックス「Lastline」を導入するもの。これにより、既知の攻撃だけなく、未知の脅威も高精度に検出する。価格は、1,000ユーザでの契約の場合で、1ユーザあたり年間15,000円。

標的型攻撃監視サービスでは、検出状況をSCSK監視センターによって24時間監視し、顧客の環境に合った二次分析を行う。情報漏えいなどの事象を防ぐための対応が必要な際には、即時に対応策を連絡する。また、標的型攻撃防御サービスでは、ファイアウォールや不正侵入検知・防御装置といったセキュリティ対策機器もSCSK監視センターが監視を行う。これにより、即座に不正通信を遮断し、標的型攻撃に起因する情報漏えいを高精度かつ迅速に防御することが可能となる。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

    IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

  2. サイバー攻撃を受けた企業に対応費用などを補償するサイバー保険の取扱開始(ラック)

    サイバー攻撃を受けた企業に対応費用などを補償するサイバー保険の取扱開始(ラック)

  3. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

    Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  4. 企業向けセキュリティ製品のランサムウェア対策機能を強化(トレンドマイクロ)

  5. 中小企業向け情報セキュリティ対策支援サイトを公開、プレゼンター募集も(IPA)

  6. 「マルウェア対策製品監視・運用サービス」がFireEye HXシリーズに対応(ラック)

  7. 「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を策定(経済産業省、IPA)

  8. 無料Windowsストアアプリ「トレンドマイクロ コネクト」を提供開始(トレンドマイクロ)

  9. 米Pulse Secure社の日本法人を設立、SSL-VPNアプライアンスを発売(パルスセキュアジャパン)

  10. Webシステム・アプリのセキュリティ要件書を大幅に改訂(OWASP Japan)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×