サンドボックスを中核とした、標的型攻撃監視・防御サービスを開始(SCSK)

2016年1月14日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
サービスの概要の画像
サービスの概要
SCSK株式会社は1月13日、標的型攻撃を検知する「標的型攻撃監視サービス」、および標的型攻撃に起因する情報漏えい被害を防ぐ「標的型攻撃防御サービス」の提供を同日より開始したと発表した。これらのサービスは、顧客環境にサンドボックス「Lastline」を導入するもの。これにより、既知の攻撃だけなく、未知の脅威も高精度に検出する。価格は、1,000ユーザでの契約の場合で、1ユーザあたり年間15,000円。

標的型攻撃監視サービスでは、検出状況をSCSK監視センターによって24時間監視し、顧客の環境に合った二次分析を行う。情報漏えいなどの事象を防ぐための対応が必要な際には、即時に対応策を連絡する。また、標的型攻撃防御サービスでは、ファイアウォールや不正侵入検知・防御装置といったセキュリティ対策機器もSCSK監視センターが監視を行う。これにより、即座に不正通信を遮断し、標的型攻撃に起因する情報漏えいを高精度かつ迅速に防御することが可能となる。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
標的型攻撃対策サービス「Lastline」の提供を開始(SCSK)

SCSKは日、米Lastline社の標的型攻撃対策サービス「Lastline」を提供開始すると発表した。

icon

SCSKは、米Mocana Corporation社が開発する「Mocana MAP」の日本国内での販売を2月1日より開始する。セキュリティモジュールを個々のモバイルアプリに動的に組み込むソリューションとなっている。

icon
金融機関向け「AWS」対応セキュリティリファレンスを3社共同で作成(SCSK、ISID、NRI)

SCSK、ISID、NRIの3社は、FISCが提供する「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書」第8版に対応したセキュリティリファレンスを共同で作成し、一部無償で公開した。

icon
クラウドやBYOD環境に求められる認証の条件、SCSKの開発事例

SCSKは、企業システムのクラウド化やBYOD導入の進展を見越した認証開発をスクラッチで開始した。

icon

SCSKは、標的型攻撃から情報資産を24時間365日セキュリティ監視するサービス「Protection Expert/標的型攻撃マネージド監視サービス」の提供を開始した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト