不正アクセスにより約11万件の情報が流出の可能性(北海道大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.01.24(火)

不正アクセスにより約11万件の情報が流出の可能性(北海道大学)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 北海道大学は13日、不正アクセスを受けた疑いがあり、そのため同大学のサーバにあった約11万件の個人・企業情報が流出した可能性があることを発表した。

 2015年12月27日、大学より大量のスパムメールが送信されたことが発端。その後、該当のサーバが同大学のキャリアセンターのファイルサーバであることが分かり、またそのサーバが不特定多数の外部サーバと通信していたことが判明した。

 該当サーバ内には、約1万8,000人の在学生、約9万5,000人の卒業生、約2,000社の企業など、合計で約11万件の個人情報および企業情報が所蔵されており、同大学ではこれらのデータが流出している可能性があるとしている。

 現在、流出の有無のほか、同大学内に設置している他サーバについてもセキュリティ状況の調査を行っているとのこと。なお、現時点では二次被害は確認されていないという。

約11万件が流出の可能性、北海道大に不正アクセスか

《編集部@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

インシデント・事故 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 約30名の人事異動案を誤って全職員に一斉送信(文部科学省)

    約30名の人事異動案を誤って全職員に一斉送信(文部科学省)

  2. ビジネスソフトの海賊版販売で有罪判決、罰金など合計約4,700万円(ACCS)

    ビジネスソフトの海賊版販売で有罪判決、罰金など合計約4,700万円(ACCS)

  3. 日本版「STOP. THINK. CONNECT.」が改ざん被害、閉鎖はせず原因調査中(フィッシング対策協議会)

    日本版「STOP. THINK. CONNECT.」が改ざん被害、閉鎖はせず原因調査中(フィッシング対策協議会)

  4. 資生堂子会社のネットショップに不正アクセス、カード情報など漏えい(イプサ)

  5. 「Adobe Acrobat」などの海賊版をショッピングサイトで販売、1億円以上売上(ACCS)

  6. 「自炊代行業」の男性を逮捕、書籍の転売やデータの使い回しなども判明(ACCS)

  7. 電子メール管理サーバへの不正アクセスで「フラット35」の個人情報が流出(住宅金融支援機構、優良住宅ローン)

  8. 出張帰途の車内でノートPCを紛失、業務に関する個人情報のファイルを保存(NICT)

  9. コマンドインジェクション脆弱性を悪用した不正アクセス攻撃により約35万件の個人情報が流出の可能性(エイベックス)

  10. Webサーバーに不正アクセス、リスナーの個人情報約64万件が流出の可能性(J-WAVE)

全カテゴリランキング

特集

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×