2016.07.23(土)

「FinalCode」Ver.5を2つの形態でグローバルに展開(デジタルアーツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

デジタルアーツ株式会社は1月12日、企業・官公庁向けのファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」Ver.5を、1月11日よりグローバルで同時に提供開始すると発表した。Ver.5では、シンプルな運用で確かなセキュリティを実現する「Business Edition(クラウド版)」と、Ver.5の新機能をすべて利用できる「Enterprise Edition(クラウド版/オンプレミス版)」の2種類を用意しており、ユーザが用途た導入規模、形態などに合わせて選べるようになっている。

またVer.5では、共有フォルダの自動暗号化や、ファイルを渡した後のログ取得やりっもーと削除、セキュリティガバナンスへの対応などが行われている。同社では、「FinalCode」はユーザインタフェースの表示言語を日・英2カ国語の表示言語から選択でき、24カ国での利用実績があるとし、Ver.5からグローバルのIRM市場でも通用する機能と品質を兼ね備えたことで、日本だけでなく海外での導入実績もより拡大することを期待するとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

    「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  2. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

    神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  3. 独自構造のサンドボックスをSaaS型セキュリティサービスに採用(フォーティネットジャパン)

    独自構造のサンドボックスをSaaS型セキュリティサービスに採用(フォーティネットジャパン)

  4. カメラ前で立ち止まらずに顔認証を実施し不正入場を防止、東京オリンピックでの導入を提案(NEC)

  5. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  6. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  7. ネットワーク構成図を自動生成、脆弱性による影響範囲なども付加し可視化(富士通システムズ・イースト)

  8. 「ポケモンGO」に関する注意喚起、ハッカーへの警戒や出会い系アプリに発展する危険性なども記載(NISC)

  9. サンドボックス機能を導入したエンドポイントセキュリティサービス(エフセキュア、ソフトバンク)

  10. パブリッククラウド上の個人情報保護に特化した「ISO27018」取得コンサル(LRM)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×