2016.08.24(水)

「FinalCode」Ver.5を2つの形態でグローバルに展開(デジタルアーツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

デジタルアーツ株式会社は1月12日、企業・官公庁向けのファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」Ver.5を、1月11日よりグローバルで同時に提供開始すると発表した。Ver.5では、シンプルな運用で確かなセキュリティを実現する「Business Edition(クラウド版)」と、Ver.5の新機能をすべて利用できる「Enterprise Edition(クラウド版/オンプレミス版)」の2種類を用意しており、ユーザが用途た導入規模、形態などに合わせて選べるようになっている。

またVer.5では、共有フォルダの自動暗号化や、ファイルを渡した後のログ取得やりっもーと削除、セキュリティガバナンスへの対応などが行われている。同社では、「FinalCode」はユーザインタフェースの表示言語を日・英2カ国語の表示言語から選択でき、24カ国での利用実績があるとし、Ver.5からグローバルのIRM市場でも通用する機能と品質を兼ね備えたことで、日本だけでなく海外での導入実績もより拡大することを期待するとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 脅威インテリジェンスをSplunkに統合できるプラグインを提供開始(カスペルスキー)

    脅威インテリジェンスをSplunkに統合できるプラグインを提供開始(カスペルスキー)

  2. 組織内CSIRTの構築から運営までを総合的に支援するソリューション(IIJ)

    組織内CSIRTの構築から運営までを総合的に支援するソリューション(IIJ)

  3. 地銀・信金・労金向けに物理とITのセキュリティ管理・教育をワンストップ提供(ALSOK)

    地銀・信金・労金向けに物理とITのセキュリティ管理・教育をワンストップ提供(ALSOK)

  4. メールセキュリティのクラウドサービスに「メール無害化オプション」追加(IIJ)

  5. テロを助長するアカウント23.5万件停止(Twitter)

  6. 国際的犯罪組織のリーダー逮捕にトレンドマイクロの調査を活用(トレンドマイクロ)

  7. セキュリティは「費用」でなく「投資」、内閣サイバーセキュリティセンター方針(NISC)

  8. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  9. ワークスがISO27017認証を取得、国内クラウドERPベンダとして初(LRM)

  10. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×