2016.06.01(水)

「FinalCode」Ver.5を2つの形態でグローバルに展開(デジタルアーツ)

経済社会 新製品・新サービス

デジタルアーツ株式会社は1月12日、企業・官公庁向けのファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」Ver.5を、1月11日よりグローバルで同時に提供開始すると発表した。Ver.5では、シンプルな運用で確かなセキュリティを実現する「Business Edition(クラウド版)」と、Ver.5の新機能をすべて利用できる「Enterprise Edition(クラウド版/オンプレミス版)」の2種類を用意しており、ユーザが用途た導入規模、形態などに合わせて選べるようになっている。

またVer.5では、共有フォルダの自動暗号化や、ファイルを渡した後のログ取得やりっもーと削除、セキュリティガバナンスへの対応などが行われている。同社では、「FinalCode」はユーザインタフェースの表示言語を日・英2カ国語の表示言語から選択でき、24カ国での利用実績があるとし、Ver.5からグローバルのIRM市場でも通用する機能と品質を兼ね備えたことで、日本だけでなく海外での導入実績もより拡大することを期待するとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

経済社会 アクセスランキング

  1. 次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

    次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

  2. データ受け渡しの際のUSBメモリでの不正持ち出しや紛失を防止(NTTソフトウェア)

    データ受け渡しの際のUSBメモリでの不正持ち出しや紛失を防止(NTTソフトウェア)

  3. 「WisePoint」がWebグループウェア「desknet's」に対応(ファルコンシステムコンサルティング)

    「WisePoint」がWebグループウェア「desknet's」に対応(ファルコンシステムコンサルティング)

  4. ファイルサーバ統合管理ソフトの新版、ハイブリッド運用や個人情報対応(NEC)

  5. JVNの脆弱性深刻度の表示に「CVSS 2.0」を採用(JPCERT/CC)

  6. IIJにウイルス対策技術を提供(トレンドマイクロ)

  7. 新システムによるインターネット治安情勢を発表(警察庁)

  8. 金融機関を対象としたCSIRT要員の実践的共同トレーニングを提供(NEC)

  9. 横浜市港湾病院の元医師が患者約1万3千人分の個人情報を持ち出し

  10. サイバーセキュリティ事業の強化とグローバル展開を視野に子会社化(NEC、サイバーディフェンス研究所)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×