月例セキュリティ情報9件を公開、最大深刻度「緊急」は6件(日本マイクロソフト)

2016年1月13日(水) 17時22分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年1月のセキュリティ情報の画像
2016年1月のセキュリティ情報
日本マイクロソフト株式会社は1月13日、2016年1月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は9件で、このうち最大深刻度「緊急」は6件、「重要」は3件となっている。修正された脆弱性は、CVEベースで25件。今回発表された内容は以下の通り。

「緊急」
MS16-001:Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(3124903)要再起動
MS16-002:Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(3124904)要再起動
MS16-003:リモートでのコード実行に対処する JScript および VBScript 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(3125540)再起動が必要な場合あり
MS16-004:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム(3124585)再起動が必要な場合あり
MS16-005:リモートでのコード実行に対処する Windows カーネルモード ドライバー用のセキュリティ更新プログラム(3124584)要再起動
MS16-006:リモートでのコード実行に対処する Silverlight 用のセキュリティ更新プログラム(3126036)再起動不要

「重要」
MS16-007:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Windows 用のセキュリティ更新プログラム(3124901)要再起動
MS16-008:特権の昇格に対処する Windows カーネル用のセキュリティ更新プログラム(3124605)要再起動
MS16-010:なりすましに対処する Microsoft Exchange Server 用のセキュリティ更新プログラム(3124557)再起動が必要な場合あり

このうち、MS16-001(CVE-2016-0005)、MS16-004(CVE-2016-0035、CVE-2015-6117)、MS16-005(CVE-2016-0009)、MS16-007(CVE-2016-0016、CVE-2016-0018)は脆弱性情報が一般に公開されていた。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
エクスプロイトキットとの遭遇率はいまだ高い--マイクロソフトレポート(マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、「マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート(SIR)第19版」の日本語版を公開した。

icon
米国時間1月12日で「Windows 8」のサポートが終了、アップデートを呼びかけ(マイクロソフト)

 マイクロソフトでは、自社製品のサポートについて、ライフサイクルを定めている。それに基づき、「Windows 8」は、来週1月12日(米国時間)でサポートが終了する。同社では「Windows 8.1」へのアップデートを呼...

icon
最新版以外のIEがサポート対象外になるまで1カ月を切る、移行を呼びかけ(IPA)

IPAは、マイクロソフトが提供するWebブラウザ「IE」のサポートポリシー変更について注意喚起を発表した。マイクロソフトは2016年1月12日(日本時間)より、IEのサポートポリシーを変更、サポート対象が「各 Windo...

icon
2016年1月13日以降は各OS最新版Internet Explorer以外のサポートが終了、アップグレードを呼びかけ(マイクロソフト)

 マイクロソフトは2014年8月7日に、「Internet Explorerのサポートポリシーについて、重要なお知らせ」を発表。それに基づき、2016年1月13日(米国時間)以降は、最新版以外のサポートが終了することとなる。

icon
月例セキュリティ情報12件を公開、最大深刻度「緊急」は8件(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、2015年12月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は12件で、このうち最大深刻度「緊急」が8件、「重要」が4件となっている。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト