2016.06.30(木)

車載機器のアプリケーションの改ざんや秘密情報の不正取得を防止するサービスの提供を開始(DNP)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 大日本印刷(DNP)は12日、車載機器に搭載されているアプリケーションの改ざんや秘密情報の不正な取得などを防止するサービスの提供を、自動車業界向けに開始した。

 近年、高度なシステムの搭載により、自動運転・運転補助・ナビなどが進化しているが、一方で不正アクセスにより、ドアロックを解除されたり、遠隔操作されたりするといった問題が懸念されている。DNPのサービスは、こうした車載システムに対するサイバー攻撃に対応するものだ。

 第一弾として、車載システムの秘密情報の不正取得を防止するソフト「クラックプルーフ」と、通信データを暗号化し専用サーバで認証・管理するシステム「DNP Multi-Peer VPN」を活用した、セキュリティ対策サービスを提供する。

 「クラックプルーフ」は、子会社のDNPハイパーテックが開発した、アプリケーションの不正改ざんを防止するクラッキング対策ソフトウェア。一方、「DNP Multi-Peer VPN」は、通信データを暗号化するソフトウェア開発キット(SDK)と、クラウド環境またはオンプレミス(自社環境内)に設置するVPNマネジメントサーバで構成されるシステムだ。これらにより、車載システムのコマンド解析や、秘密情報の漏えいなどを未然に防ぐ。

 DNPでは、2020年度までの5年間で50億円の売上を目指すとのこと。

車載システム向けセキュリティ、大日本印刷が提供開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  2. シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

    シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

  3. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

    新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  4. 宅急便やクロネコ等を騙る迷惑メールが多発、ヤマト運輸が注意を呼びかけ(ヤマト運輸)

  5. 「TECHORUS SECURITY」ブランドでマネージドセキュリティ市場に本格参入(NHN テコラス)

  6. ファイル検査も可能なインターネット分離クラウドサービスを提供開始(セコムトラストシステムズ)

  7. セキュリティテストの普及推進を目的に、FFRIとSHIFTが業務提携(FFRI、SHIFT)

  8. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

  9. 不正送金の可能性が高いときのみ認証を求めるトランザクション署名を追加(EMCジャパン)

  10. 国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」を2016年4月より実施(IPA)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×