あまりに多忙なセキュリティ業界は「セキュリティを正しく行うためのセキュリティ改善」ができない~PCI SSC が「SSL からの移行の期限日」を延期、クレジットカードの弱い暗号は今後も続く(The Register)

2016年1月12日(火) 08時30分
このエントリーをはてなブックマークに追加
Payment Card Industry Security Standards Council(PCI SSC、編集部註:クレジットカード業界のセキュリティ基準を策定する国際標準化団体)は、Secure Sockets Layer(SSL)から Transport Layer Security(TLS)へ移行する義務の期限日を延期すると決定した。

PCI SSC は今年(編集部註:2015年)、その切り替えの最終期限を 2016年6月に定めていた。しかし現在では「単純に、小売業者にとって、その飛躍はあまりに難しすぎる」と語っている。そして小売業者の「SSL から、少なくとも TLS 1.1 に意向する義務」は 2018年6月まで免除されることとなった。
《翻訳:フリーライター 江添 佳代子》

注目ニュース

icon

小規模な商店は、ハッカーからの攻撃を特に受けやすい。通常、彼らが自由に利用できるリソースや技術的な専門知識は非常に限られており、防御や復旧に必要なツールや情報、教育が、しばしば不足している。

icon

カード詐欺師たちは、リモートデスクトッププロトコル(RDP)に対する総当たりログイン攻撃やパスワードの推察、およびルーターや監視カメラのコントロールパネルの脆弱性のエクスプロイトを組み合わせた攻撃をし...

icon

「それが発生したのは東海岸の地域に限られている」という初期の報告に反して、(今回)同社が提供した被害店舗のリストは、ロサンゼルスからニューヨークシティに及んでいる。

icon

金融機関を狙った複数のグループは、そのレポートの期間中、トロイの木馬やフィッシングサイトなどの技術、さらには買収したインサイダーの助けさえも利用し、約 4 千万ドル(編集部註:約 43 億円)を盗んだ。

icon

「PCI DSS のセキュリティ要件が要求しているのは『カードデータの基礎的な保護』だ。しかし企業は、コンプライアンスを遵守するだけで侵害のリスクから身を守ることはできない」

icon

「様々なバックグラウンドを持ったオピニオンリーダーたちをまとめることで、我々は小売業者や銀行、クレジットカード処理業者、その他あらゆるペイメントカードデータを扱う組織の、現実社会での資源を培うこと...

icon

「お粗末なデータ消去」は、eBay で販売されている中古の PC や携帯電話の間では一般的な問題だが、それよりは目立たないケースとして、第三者に売却される POS 端末にも同じ問題が当てはまるということを、その...

icon

今回の出来事が Krebs On Security によって最初に報告されても、それが波及効果を起こすことはなかったほど、この類の事件は「しばしば」と言うには充分すぎるほどの頻度で起こっている。

icon

このオプションを TLS 1.3 から削除することは、セキュリティの分析をより単純にするだろう。RSA 証明書は引き続き許可されるものの、鍵の確立に関しては、DHE または ECDHE を通すことになる。

特集

RSS

特集・連載

国際アクセスランキング

国際ニュースを対象にした、直近24時間のアクセスランキングです

ピックアップフォト